トランス脂肪酸という脂肪酸の名前を聞いたことはありますか?
トランス脂肪酸は脂肪に含まれる成分の一つで、その摂りすぎがメタボにつながる原因になると指摘されています。

トランス脂肪酸は加工しやすく、日常の様々な食品に使われています。
マーガリンや植物性のホイップクリームなどが特に有名ですね。

トランス脂肪酸の危険性は最近特に指摘され始め、アメリカでは2018年からトランス脂肪酸の使用が原則禁止になるなど、外国では国を挙げての対策が進められています。
しかし、日本では現在、トランス脂肪酸に対する規制は一切かけられていないのが現状です。

トランス脂肪酸は食品の原材料名にはそのままの名前で表示されず、「植物油脂」といった名前で表記されていてわかりづらいことが殆どです。
また、レストランなどの外食の料理にも、トランス脂肪酸は多く使われています。

今回は、そのような身近にあるのに気づけない、トランス脂肪酸についてまとめました。

トランス脂肪酸とは

トランス脂肪酸が体に悪い!ということはなんとなく知っている人も多いとおもいます。

しかし、実際のところトランス脂肪酸って何なのでしょうか?
まず、そもそもトランス脂肪酸とは何を指すのか説明します。

そもそも脂肪酸って何?

トランス脂肪酸は文字どおり、脂肪酸の一種です。
それでは脂肪酸は、成分のカテゴリとしてはどこに入るのでしょうか。

脂肪酸とは「脂肪の中に含まれる成分の一つ」です。
脂肪には、脂肪酸の他にも中性脂肪、コレステロールなどが含まれています。

トランス脂肪酸は不飽和脂肪酸の一種

本題のトランス脂肪酸とは何なのかについて触れていきましょう。

脂肪酸には「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」に2種類があり、その違いはそれぞれの炭素の結合の数で変わってきます。
トランス脂肪酸は不飽和脂肪酸という脂肪酸の一種です。

他の有名な不飽和脂肪酸にはEPA-DHAや、α-リノレン酸が挙げられます。
どちらも血圧を下げたり、動脈硬化を抑えてくれることで有名な不飽和脂肪酸です。

こう書くと不飽和脂肪酸は健康に良さそうな成分のように思えますね。
しかし、トランス脂肪酸はそうともいかず、むしろ体に害にしかならないのが問題です。

不飽和脂肪酸にも種類がある

トランス脂肪酸は不飽和脂肪酸だという話はさきほどしましたよね。
不飽和脂肪酸にも種類があり、トランス脂肪酸とその他のEPA-DHAや、α-リノレン酸は種類が異なるのがポイントです。

簡単に言うと、トランス脂肪酸は人工物、EPA-DHAや、α-リノレン酸は天然物の不飽和脂肪酸だと言えます。
トランス脂肪酸は常温では液体の油(植物油や魚油)を固体に加工する「水素添加」をした際に発生します。

牛の嚥下のように、天然で微量に発生する場合もありますが、トランス脂肪酸の発生原因は殆どが人間の油の加工の過程にあります。

トランス脂肪酸を食べ過ぎるとどうなる?

簡単に脂質の取りすぎになってしまうため、メタボの進行が進む

トランス脂肪酸は使いやすく、私たちがなかなか気がつけないところにもたくさん潜んでいます。
マーガリン、ケーキ、アイスクリーム、カップ麺、フライドチキンなど…
日常で好んで食べるものが非常に多いのがわかると思います。

また、冷凍食品も、解凍してもサクサクと食べられるように、トランス脂肪酸を使用していることが多いですね。

また、トランス脂肪酸を食べたところで最近人気のオリーブオイルやココナッツオイルのように体に良い効果をもたらしてくれるわけでもありません。
結果として、どんどんメタボを進行させてしまうことになってしまうのです。

メタボリックシンドロームが進行すると、動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞などの病気にまで発展してしまう場合もあります。
トランス脂肪酸は、メタボに悩む人にとっては死活問題なのです。

トランス脂肪酸自体にも体に悪影響を引き起こす可能性が

トランス脂肪酸は、メタボになってしまう程度まで簡単に、たくさんの脂質を採ってしまう原因です。
また、その沢山の脂質として悪玉コレステロールを増やしてしまうため、メタボや動脈硬化をいっそう助長するわけです。

しかし、トランス脂肪酸はそれ以外にも体に悪影響をもたらすという研究や報告が上がってきました。
トランス脂肪酸は、メタボリックシンドロームの助長以外にも、以下のような害があるのではないかと報告されています。

  • アレルギー疾患にかかりやすくなる
  • 認知症の進行
  • 不妊症・子宮内膜症のリスク
  • うつ病の助長

しかし、これらの報告はまだ研究として立証されて居るわけではなく、対象も外国のものです。
さらに、トランス脂肪酸にも種類があるため、どのトランス脂肪酸が体に害となるのかは、依然としてはっきりわかっていません。

海外に比べて日本はトランス脂肪酸の摂取量はまだ低めであることに加えて、以上のように日本ではまだ研究が進んでいないことから、日本ではトランス脂肪酸の規制は行われていないようですね。

トランス脂肪酸を摂り過ぎてしまう原因

トランス脂肪酸は使いやすい!どんどん食べすぎになってしまいます

トランス脂肪酸はそれ自体が体に良くないとされています。
しかし、最も恐ろしいのはその「便利さ」だと言えます。

トランス脂肪酸は、便利ゆえに様々な加工食品に多く使われています。
出来合いのものを多く食べることが多くなった現代ではすぐにトランス脂肪酸の摂りすぎに陥ってしまうというわけです。

油以外にも色々使える上に、美味しく作りやすい

トランス脂肪酸を使用した料理は、ファーストフードに多い人好みのする味になります。
いわゆる「カラッと、パリッと」した食感は、トランス脂肪酸のおかげなのです。

また、トランス脂肪酸はショートニングやファットスプレッドなどの粉物の材料にも含まれて居るため、油物に気をつけるだけではダメだという点も怖いですね。

トランス脂肪酸は他の油に比べて安い!

トランス脂肪酸を使った食品は、他の油を使用した食品に比べて非常に安いこともポイントです。
例えば、マーガリンとバターの値段を比べると、どうしても安いマーガリンの方に目が行きがちですよね。

これは食品企業も同様で、よりお手軽な値段にするためにも、加工食品やファーストフード店ではトランス脂肪酸を使用したファットスプレッドなどを使うことが多くあります。

トランス脂肪酸が多く含まれている食品

トランス脂肪酸を多く含む食品

最後に、トランス脂肪酸が特に多く含まれている食品を少しだけ挙げておきます。
以下の食品以外のものにも、トランス脂肪酸は私たちの食生活に大きく関わっています。

しかし、下に書いた食品を避けるだけでも、私たちが摂取するトランス脂肪酸の量は大きく変わります。
まずは意識するところから始めてみましょう。

トランス脂肪酸を含む油系の食品

  • マーガリン
  • ピーナツバター
  • マヨネーズ
  • コーヒークリーム(植物性のもの)

普通の食品でもトランス脂肪酸を多く含んでいます

  • フライドチキン、ハンバーガーなどのファーストフード
  • 冷凍食品
  • インスタント・レトルト系の食品(カップ麺など)
  • お菓子・スナック類
  • 菓子パン

気をつけたい成分表示

トランス脂肪酸は原材料名にそのまま「トランス脂肪酸」と明記されることはほとんどありません。
原材料名欄で、トランス脂肪酸やそれを含む食品は以下のような表記をされることが多いです。

買い物の際に、少し気にかけておくことをお勧めします。

  • マーガリン
  • ショートニング
  • ファットスプレッド
  • 植物油脂
  • 精製加工油脂
  • 水素添加大豆油