飽和脂肪酸とかトランス脂肪酸とか、最近「脂肪酸」というキーワードを目にする機会が増えてきていませんか?

脂肪酸とは、脂肪の成分のことです。
脂肪酸にも色々な種類があり、体に良いものもあれば悪いものもあります。

今回は、そのような脂肪酸と、その種類について、簡単にまとめました。

脂肪酸とは

脂肪酸は、簡単に言うと脂肪に含まれる成分の一つです。
脂肪を体内で使用するときには、脂肪は脂肪酸に分解されて、エネルギーとして使用されていきます。

脂肪酸、脂肪と聞くと体に悪いイメージがありますが、ものを食べないと死んでしまうように、脂肪がないと人は生きていけません。
このような成分のことを「必須栄養素」と言います。

脂肪酸には様々な種類があり、体に与える影響も異なります。
例えば、DHAやEPAは体に良い脂肪酸で、トランス脂肪酸は体に悪い脂肪酸です。

脂肪酸の種類

それでは、脂肪酸には実際どのようなものがあるのでしょうか。
脂肪酸には「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」という大きなカテゴリがあります。
また、不飽和脂肪酸はそこから「一価不飽和脂肪酸」と「多価不飽和脂肪酸」に分かれています。

細かく説明する前に、簡単に図にまとめてみました。

脂肪酸
飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸
一価不飽和脂肪酸 多価不飽和脂肪酸

飽和脂肪酸

まず、飽和脂肪酸から確認していきましょう。

飽和脂肪酸は、脂肪酸のうち、炭素同士の二重結合を持たない脂肪酸のことを指します。
逆に言うと、のちに出てくる不飽和脂肪酸は二重結合を持っているということですね。

飽和脂肪酸は溶けにくいため、飽和脂肪酸を含む油は常温で個体であることが多いです。
私たちの身近にある食品としては、ラードなどのお肉の白い脂身の部分や、バターに多く含まれています。
種類にもよりますが、バターやラードの飽和脂肪酸が原因でメタボになる人は多いですね。

飽和脂肪酸にはその長さによって短鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、長鎖脂肪酸と種類が分かれています。
その中でもココナッツオイルなどに多く含まれる中鎖脂肪酸は、飽和脂肪酸なのに脂肪になりにくい脂肪酸として注目されています。

不飽和脂肪酸

次に、不飽和脂肪酸について触れていきます。
不飽和脂肪酸は、飽和脂肪酸とは逆の、「炭素同士の二重結合を持つ」脂肪酸です。

常温では液体であることが多く、魚や植物の油はこれを含んでいることが多いです。
悪玉(LDL)コレステロールを下げてくれる効果があるため、メタボに悩む人たちにぴったりな脂肪酸です。

不飽和脂肪酸にも種類があり、一価不飽和脂肪酸多価不飽和脂肪酸に分かれています。

一価不飽和脂肪酸

脂肪酸内に炭素同士の二重結合が1つだけある場合、一価不飽和脂肪酸という名前が付けられます。
一価不飽和脂肪酸は体内で作ることができますが、積極的に摂りたい脂肪酸です。

この一価不飽和脂肪酸にカテゴライズされている脂肪酸に、「オメガ9脂肪酸」というものがあります。

オメガ9脂肪酸はオレイン酸がおもな脂肪酸で、オリーブオイルなどに多く含まれています。
このオレイン酸が、悪玉(LDL)コレステロールを下げてくれる働きがあると注目を浴びています。

多価不飽和脂肪酸

炭素同士の二重結合を2つ以上持つ脂肪酸のことを言います。
体内で作ることができない必須脂肪酸であるため、食物から摂っていく必要があります。

多価不飽和脂肪酸はさらに種類が分かれ、それぞれ「オメガ3脂肪酸」「オメガ6脂肪酸」に分かれています。

オメガ3脂肪酸

オメガ3系の油は魚や植物の油に多く含まれています。
α-リノレン酸やEPA・DHAが有名なオメガ3脂肪酸ですね。

オメガ6脂肪酸

オメガ6脂肪酸は大豆油、お肉や卵などに含まれている脂肪酸です。
気をぬくと摂り過ぎてしまい、メタボを進行させてしまうこともあるため、注意が必要です。

リノール酸、γ-リノレン酸がこれにあたります。

トランス脂肪酸

トランス脂肪酸は、もともとは不飽和脂肪酸なのに、水素を加えて加工されることによって「飽和脂肪酸」に変わってしまった脂肪酸のことを指します。

トランス脂肪酸は食べると美味しく感じますが、健康に良いことは全くありません。
できるだけトランス脂肪酸を避け、他不飽和脂肪酸やココナッツオイルの中鎖脂肪酸などを積極的に摂りたいですね。