リン脂質という言葉を聞いたことはあるだろうか?

正直、ネットで探してみても難しいサイトばかりで、よくわからない…
そう思った人も多いと思う。

リン脂質は、中性脂肪・コレステロールに続く、体内にある脂質の一種だ。
しかし、中性脂肪・コレステロールとは働きが異なる点が注目すべきポイント。

今回は、リン脂質とは一体なんなのか、簡単にまとめてみた。

リン脂質って何?

リン脂質は、体に存在する脂質の1つ。

【体内の脂質の種類】

  • 中性脂肪(トリグリセライド)
  • コレステロール
  • リン脂質
  • 遊離脂肪酸

中性脂肪・コレステロールは、聞いたことがある人も多いだろう。
メタボの直接的な原因となりやすい脂肪たちだ。

メタボに悩んでいる人は、中性脂肪やコレステロールの数値が高く、これを減らすことが目標となる人も多い。

一方、遊離脂肪酸は体に貯められていた中性脂肪が分解され、血液中に放出されたもののことを指す。
実際に体を動かすエネルギーとなるのは、この遊離脂肪酸だと言える。

リン脂質の働き

では、リン脂質は一体どのような働きをするのだろうか?

リン脂質は、

  • 細胞膜の構成材料
  • 水に馴染みにくい物質の親水性化
  • などを行っている

    具体的にいうと
    細胞を覆う膜の材料になり、体内の仕切りになったり、必要な物資を運搬したりしている。

    また、食事などで得た成分は、水に溶けないものも含まれている。
    そのような成分は、そのままでは血液に溶けないため、体に行き渡らせることができない。

    リン脂質はそのような成分を包み込むことによって、血液に溶けるようにしてくれる働きがあるのだ。