ロート和漢箋は、防已黄耆湯という漢方を使ったサプリです。
防已黄耆湯には、多汗症や肥満症に対して効果があり、メタボに悩む人にオススメできる漢方の一つです。

今回は、ロート和漢箋 防已黄耆湯錠を実際に飲んでみました。

和漢箋ロート防已黄耆湯錠a

  • 商品名 : 和漢箋ロート防已黄耆湯錠a
  • メーカー名 : ロート製薬(株)
  • 価格 : 300錠 3,436円(税込み) 25日分 Amazon
  • 購入先 : 公式サイト、楽天、Amazonなど
  • 区分 : 第2類医薬品
  • 形状 : 錠剤
  • オススメ : 体力中等度以下で、疲れやすく、汗のかきやすい傾向があるものの次の諸症:肥満に伴う関節の腫れや痛み、むくみ、多汗症、肥満症(筋肉にしまりのない、いわゆる水ぶとり)

和漢箋ロート防已黄耆湯錠a(ぼういおうぎとうじょう)の成分・効果


和漢箋ロート防已黄耆湯錠aの効果は、以下のようなものがあります。

  • 肥満に伴う関節の腫れや痛み
  • むくみ
  • 多汗症
  • 肥満症(水太り)

和漢箋ロート防已黄耆湯錠a(ぼういおうぎとうじょう)の副作用

和漢箋ロートの防已黄耆湯には、以下のような副作用があります。

【軽度】

  • [皮膚]発疹・発赤、かゆみ
  • [消化器]食欲不振、胃部不快感

【重度】

  • 間質性肺炎
  • 急な息切れ、空咳、発熱などの副作用です。

  • 肝機能障害

発熱、かゆみ、黄疸、褐色尿、だるさ、食欲不振などの副作用が現れることがあります。

また、

  • 医師から治療中の人
  • 妊娠又は妊娠していると思われる人
  • 高齢者やむくみがある人
  • 今までに薬などにより発疹やかゆみなどを起こしたことがある人
  • 高血圧、心臓病、腎臓病などの人
  • は飲む前に医師の相談をするようにしてください。

また、実際に飲んで少しでも以上を感じたら、同様に医師に見てもらうようにしてください。

飲み方は食前1時間位前の方が効果があると口コミにあり

和漢箋ロート防已黄耆湯錠aは、食前または食間に、水またはお湯で服用と書かれています。
成人は、1回4錠で1日3回飲んで下さい。

また同じものなのに、飲み方でも効果の違いがあるようです。
この和漢箋ロート防已黄耆湯錠aを飲んでいる人の口コミ情報で、食前は飲んだ後に1時間位食事までに時間を空けた方が効果があると書いてありました。

和漢箋ロート防已黄耆湯錠aは1週間のお試しタイプもあるので試しやすい

漢方薬独特の匂いは飲みこむまでの一瞬

和漢箋ロート防已黄耆湯錠aの粒は円盤状で、直径が9.4mm、厚さが5.4mmで色はサンドベージュの少し濃い色です。
またこの粒は、漢方薬独特の匂いはそれほど強くないので、飲めば匂いは一瞬で消えてしまいます。
粒もさほど大きく感じず4粒いっぺんに飲みこめました。

1日3回はこの粒を飲まなければいけませんが、食間も飲めますので、うっかり食事してもどこかで埋め合わせできますね。

飲む人の条件はさほど厳しくない

他の肥満に効く漢方薬は、体力がある人のみ飲める場合や、汗かきの酷い人は飲めないのに対し、この和漢箋ロート防已黄耆湯錠aは汗をかきやすく、疲れやすく、肥満症(水太り)、むくみの人に効果があるようなので飲みやすいです。
それに加えて、膝関節が腫れて傷む人にも効果的なようです。

飲む人の条件がさほど厳しくなく、効果がでやすいなら試してみたくなりますね。
また、1週のパウチのお試しから購入できるのも魅力的だと思います。

和漢箋ロート防已黄耆湯錠aの口コミ情報は年齢層が上がっていくとさらに良い

20歳代~50歳代までの口コミ情報では、評価は良いようです。

若い人はそんなに体の不具合がないので、飲んだり飲まなかったりだとよくわからず、ダイエット効果での評価しかしていないようす。
それに比べて、年齢層が上がっていくと、1週間のお試しでもはっきりと効果がわかるようです。

またこの和漢箋ロート防已黄耆湯錠aの成分の中に、お腹を下す成分は入ってないようですが、便が通常の便と明らかに違うといった意見もありました。
身体の不具合がある人ほど、評価が高いのかもしれません。

正直、膝関節の痛みも緩和されているとの口コミには驚きました。

ロート製薬のお客様相談室に電話相談してみました

商品をお使いになってからのご意見・ご要望またご不満な点などをお聞かせ下さいと箱に書いてあったので電話してみました。
対応は電話オペレーターのようで、わからずに何度も関係者に聞きに行っているようでした。

和漢箋の意味は日本人の為の漢方薬とのことだが、生薬の生産地を開示してくれない

和漢箋の意味は、体質改善の漢方を「日本人の為の漢方薬」の意味合いも含めてのブランド名と言っていました。

それでは漢方の生薬はどこで作られているのか問い合わせたところ、開示していないと教えてくれませんでした。
日本の法律では開示しなければならないようですよ。

生薬は日局の規格基準に基づいていないが、社内の基準に基づいているよう

使われている成分の生薬に日局の文字がないため、日本薬局方で認められている基準をクリアしているか尋ねてみました。
日本薬局方の規格に基づいてはいないが、社内の規格基準にはクリアしているとのことでした。

むくみの人が飲むのに、注意する点でむくみの人は医師に相談してからとは?

むくみに効果的という事で飲み続けてみたいと思いましたが、むくみのある人は医師に相談して下さいというのはどういうこと?

水肥りなどでむくんだ人は、汗や尿で水分が外に出ないからだとのことですが、汗っかきの人にも効果ありとは相反することのようです。
その点も聞いてみました。

むくみには、ぽっちゃり肥満型や水肥りのむくみの他に、病気によるむくみもあるようです。

個人の判断は難しいので、むくみが気になる人は事前に医師に相談してから飲むようにと言われました。
しかし通院していないのに、わざわざ病院に行くのは面倒だし、病院に相談に行ったら別な薬を処方されそうです。

水肥りの人は、和漢箋ロート防已黄耆湯錠aを飲んで、体内に滞っている水を汗や尿で排泄するようですが、汗っかきの人との関連性はよくわかりませんでした。

HPにエキスの抽出には精製にこだわりがあるとのことだが企業秘密?

成分に入っている生薬を抽出する際に、HPに書いてあるエキスを抽出する際の精製のこだわりとは何か?を尋ねてみました。
答えは、より効果的により成分を引き出しているとありふれたもので、具体的には企業秘密なのか教えてはもらえませんでした。

昨日夕方に飲んで、今朝飲んだ結果をお伝えしたら他の漢方薬を勧めてくれた

和漢箋ロート防已黄耆湯錠aを、昨日夕方に4錠を飲んでみて、今朝に4錠飲んでみました。

和漢箋ロート防已黄耆湯錠aが原因かどうかはわかりませんが、便秘気味だと伝えたら、便秘に効果があるものではないとのこと。
水肥りによる肥満に効果があるものなのでと、便秘症には他の防風通聖散を勧められました。

お客様安心サポートデスクに電話してみての感想

正直期待が大きかったので、電話後少し拍子抜けしました。

この会社は、お客様安心サポートデスクを構えているので、沢山のオペレーターがいるのだと思います。
しかし電話を受けた人は、最初の印象とは変わって、質問が重なると最後には早く電話を切りたい様子が露骨にうかがえてくるのが残念でした。

この企業でのオペレーターさんの評価は、何件電話を受けたかの件数の評価なんでしょうか?とつい思ってしまいました。

コメントをどうぞ