ナイシトールGとナイシトールZの基本情報

ナイシトールG

%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%82%b7%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%ab%ef%bd%87

  • 商品名 : ナイシトールG
  • メーカー名 : 小林製薬株式会社
  • 価格 : 336錠3,490円(2016/12/28現在のamazon価格)
  • 購入先 : 楽天、Amazon
  • 区分 : 第2類医薬品
  • 形状 : 錠剤
  • オススメ : おなかの脂肪を落としたい人に

ナイシトールZ

z

  • 商品名 : ナイシトールZ
  • メーカー名 : 小林製薬株式会社
  • 価格 : 315錠4,480円(2016/12/28現在のamazon価格)
  • 購入先 : 楽天、Amazon
  • 区分 : 第2類医薬品
  • 形状 : 錠剤
  • オススメ : おなかの脂肪を落としたい人に

ナイシトールの詳細について

効果・副作用について

ナイシトールは、漢方薬の防風通聖散です。
体の熱を冷まし、体内の水分の循環を良くし、便秘を改善する作用があります。

おなかの脂肪が多い、脂肪太りで便秘がち、おなかのでっぱりが気になる(太鼓腹)人に、特にオススメです。

副作用として、腹痛、お腹が緩くなる、頭痛、めまい、発汗などが起こる可能性があります。
もし、副作用がでた場合には、ナイシトールを飲むのをやめて、お医者さんに診てもらってください。

%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%82%b7%e3%80%80%e5%89%af%e4%bd%9c%e7%94%a8

成分について

小林製薬では、防風通聖散(通常時は粉)を錠剤にする時に、生薬の中に含まれる成分が失われないようにしています。
熱による成分の変化を避けるため、低温で濃縮する製法を用いて、18種類の生薬の力を余すことなく生かしているとのこと。

また、素早く体内で溶け込みやすく吸収されるために、コーティングなどはしていません。
粉末にした生薬エキスをそのまま、錠剤にしているそうです。

ナイシトールGの成分

ナイシトールGは、特にどのくらいの処方量かは書いていません。
ですが、成分量を見比べるとナイシトールZより少ないので、満量処方ではなさそうです。
img_0527

ナイシトールZの成分

ナイシトールZは、有効成分を1日にとっていい最大量の満量処方ですね。
img_0523

ナイシトールの飲み方について

空腹の時に飲むのが、1番良いと言われています。
具体的には、食前(食事の30分前)または、食間(食後2時間後)です。

飲み忘れやすい人は、朝に起きた時・夜に寝る前などに飲むのも良いようです。

ナイシトールGの飲み方

1日3回、1回につき4錠を水またはお湯で飲んでください。

g-%e9%8c%a0

ナイシトールZの飲み方

1日3回、1回につき5錠を水またはお湯で飲んでください。

z-%e9%8c%a0

ナイシトールGとナイシトールZを比べて飲んでみた感想

gz

同じナイシトールという名前で、何が違うのか飲み比べてみました。

外見だと差がほとんどありません

横並びした写真を見ていただいても分かる通り、ナイシトールGの方は、お試し用のを買ったので、袋と瓶で差があります。

ですが、ナイシトールGは、お試し用以外のものは、瓶に入っています。
おそらく、パッと見だと差がないと思います。

パッケージの色の赤か黄の違いと商品名の最後のアルファベットの違いくらいになります。

錠剤の見た目も味もほとんど変わらない

gz-zyou

なんとなく予想はしていましたが、粒のサイズもほとんど差はありません。
手に乗せてみると、ナイシトールGの方が少しだけ濃い色ですね。

どちらとも、漢方薬の独特の匂いがします。

実際に飲んでみると、両方とも飲みやすいです。
錠剤にコーティングしていないようなので、苦みが強いのかと思ったのですが、他の錠剤の防風通聖散と変わりませんでした。

お湯だと苦いので、お水で飲むのが良いと思います。

飲んでみた感じもあまり差を感じることはありませんでした。

成分量で選ぶのがオススメ

味、匂い、飲みやすさなど、差はほとんどありませんでした。

漢方の有効成分量がどの程度入っているのかで、選ぶのが良いと思います。

満量処方のものだとナイシトールZの方がオススメですが、漢方初心者の人だと副作用や効果が効きすぎる場合がありますので注意してください。

気になっていることを電話して聞いてみました

満量処方が10ならばナイシトールGは6.2処方です

防風通聖散には、成分の生薬が満量処方(100%)だけではなく、1/2処方や2/3処方、4/5処方など様々あります。

このナイシトールGも防風通聖散料乾燥エキスなのですが、中々成分量が割り切れないので、尋ねてみると6.2割処方とのことです。
ここでは、満量処方(100%)を10と換算した場合です。

内臓脂肪や皮下脂肪と個々の脂肪だけではなく脂肪全般に効果がある

やっぱり気になるのは内臓脂肪!
なので、内臓脂肪に効果があるか尋ねてみました。

その答えは、内臓脂肪とか皮下脂肪とか個別の脂肪に効果があるというものではなく、脂肪全般に効果があるものとのこと。

身体全体に作用があるけど、特に上半身のお腹周りに効果があると言っていました。

便秘でない人が飲んでも大丈夫らしいが、お腹が緩い時は下痢が酷くなるのでやめた方が良い

以前薬局で、防風通聖散は便秘気味でないと飲んではいけないと言われたので、便秘している時にしか飲めないのか尋ねてみました。
その答えは、やはり便秘がちの人の方が効果が表れやすいということでした。

「分解燃焼した余分な脂質を、便や尿や汗と共に老廃物として排出する」という防風通聖散の働きのことをそのまま言っています。
なので、便秘が解消する人の方が効果がわかりやすいようです。

また、体力がある人しか飲めないの?という質問もしてみました。

体力が充実している人の方が、効果が表れやすいと言っていました。
書いてあるとおりの回答でした。

体力があまりない時に飲むのは、止めておいた方が良いと思います。

また、お腹が緩いときは、飲むと下痢がひどくなってしまうので飲まないことをオススメします。。

硫酸ナトリウム十水塩(じゅうすいえん)はボウショウの代わり

成分の中の生薬に、他社には見慣れない硫酸ナトリウム十水塩(じゅうすいえん)があります。
他社では硫酸ナトリウムやボウショウを使っています。
硫酸ナトリウム十水塩は、これらと同じ役割をしているようです。

生薬の全ては、植物由来だというわけではないようですね。
硫酸ナトリウム十水塩は、鉱石由来の成分のようです。
小林製薬の研究結果で、天然ではなく工業的に精製されたものを使っているとの答えでした。

生産地は中国産も含むが、日局方に基づいて作られている

ナイシトールGの生薬の生産地は、中国のものを含むそうですが、日本薬局方の基準に満たしたものです。

一部の生薬の配合量が、他社より割合が少ないので聞いてみました。
なんでも、中国の古い文献にのっとって作っているそうです。
参考にしている文献によって、生薬の配合量は違うと言っていました。

コメントをどうぞ