本草防風通聖散エキス錠-Hの基本情報

  • 商品名 : 本草防風通聖散エキス錠-H
  • メーカー名 : 本草製薬(株)
  • 価格 : 180錠 3,024円(税込)15日分 公式サイト
  • 購入先 : 公式サイト、楽天、Amazon
  • 区分 : 第2類医薬品
  • 形状 : 錠剤
  • オススメ :
    体力充実して、腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの次の諸症:高血圧や肥満に伴う動悸・肩こり・のぼせ・むくみ・便秘、蓄膿症(副鼻腔炎)、湿疹、皮膚炎、ふきでもの(にきび)、肥満症
    添加物として、セルロース、炭酸Ca、酸化チタン、メタケイ酸、アルミン酸Mg、クロCMC-Na、ステアリン酸Mgが含まれます。

本草防風通聖散エキス顆粒-Hの基本情報

  • 商品名 : 本草防風通聖散エキス顆粒-H
  • メーカー名 : 本草製薬(株)
  • 価格 : 28包 991円(税込み)14日分 amazon
  • 購入先 : 楽天、Amazon
  • 区分 : 第2類医薬品
  • 形状 : 錠剤
  • オススメ :
    体力充実して、腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの諸症で錠剤と同じです。
    添加物として、乳糖、セルロース、メタケイ酸アルミン酸Mg、ステアリン酸Mgが含まれます。

本草防風通聖散エキス錠-Hと本草防風通聖散エキス顆粒-Hの詳細について

写真の上段が本草防風通聖散エキス錠-Hの粒の成分表で、写真下段が本草防風通聖散エキス顆粒-Hの顆粒の成分表です。

本草防風通聖散エキスの成分は粒も顆粒も同じ18種類の生薬を使っていますが、成分量は違います

粒の方が1/2処方で、顆粒の方は2/3処方になっています。
また、添加物も粒と顆粒では違うようです。

飲む場合に注意する点は、説明書に詳細が書いてありますのでよく読んで、心配なことは事前に医師に相談して下さいね。

飲み方は粒が1日3回に分けて4錠ずつ、顆粒は1日2回の1包ずつ

本草防風通聖散エキス錠-Hと本草防風通聖散エキス顆粒-Hは、15歳以上から飲めます。

粒を飲む場合は1日3回、4錠ずつ合計12錠飲みます。
粒は円盤状で、大きさは直径10mm、厚さ5.2mm、色はサンドベージュ色です。

顆粒の方は、1日2回で朝と夕方各1包ずつ飲みます。

粒と顆粒の説明書には、水または白湯で飲むとの注意書きはありませんでした。

粒の飲みやすさをとるか顆粒の1日2回だけをとるか

良薬は口に苦し!

本草防風通聖散エキス錠-Hと本草防風通聖散エキス顆粒-Hは、粒か顆粒かの違いです。
粒も顆粒も漢方薬ですので、漢方独特の匂いはします。
飲みやすさをとるのであれば、粒の方をオススメします。

粒は多めの水で一気に飲みこめば、口の中に匂いが残りません
顆粒は久しぶりに、ザ・漢方薬!を飲んだという感じで、口の中一杯に苦かったです。

しかし、どうしても飲むのを忘れやすい人には、一時の苦味だけ我慢して朝・夕2回で済む顆粒をオススメします。

エキス錠-Hは1/2処方でエキス顆粒-Hは2/3処方

この本草防風通聖散エキス錠-Hは1/2処方で、本草防風通聖散エキス顆粒-Hは2/3処方です。
なので、顆粒の方が成分は多いようです。
(漢方薬の処方は1日分の生薬の配合バランスが決められています。
18種類の原生薬の1日分の分量を丸々使っているのを「満量処方」と言います。
他には同じ18種類の原生薬を使い、成分量の4/5処方もあります。)

それから、他社などでも防風通聖散の成分は同じですが、1つの成分だけ硫酸ナトリウムと書いてあったり、ボウショウと書いてあったりの違いがあります。
ボウショウは天然産結晶硫酸ナトリウムのことです。

お客様相談室に電話してみました

苦くて飲めない漢方薬には、飲み方の工夫も必要だが体に合ってない場合がある

本草製薬は、本草綱目(ほんぞうこうもく)「中国の本草学史上最も分厚い書物」から名前をとったそうです。

顆粒の防風通聖散エキスは、漢方薬の匂いが強くて飲めないので、何か良い方法はないか尋ねました。
水で飲めない場合は、他社で出している、ゼリー状で顆粒などを包みこめるものがあるので、そういうのを使うか錠剤で飲んで下さいと言われました。

また漢方の昔からの説では、体がその漢方薬に合わない場合は、凄く苦く感じて飲めないとも言われるようです。
なので、昔は行きつけの漢方薬局に飲めない漢方薬を持ち込んで、飲めるように調合し直してもらったりしたこともあったそうです。

顆粒なのに錠剤と同じ添加物がある理由

また、防風通聖散エキス顆粒に、一部錠剤に使われている添加物が入っている点についても尋ねてみました。
メタケイ酸アルミン酸Mgやステアリン酸Mgを使っていますが、なぜ顆粒なのにその添加物が必要なのかは製造過程が関係しているようです。
製造過程では、水で生薬を煮出して乾燥させて、エキス粉末にしたものに添加物を入れるそうですが、そのあとに顆粒や錠剤に分けるそうです。

顆粒にする際に、1度板状の枠に入れて形作ってから顆粒になるので、機械からきれいに抜く為にも、添加物が必要なようです。

医師は年老いてくると、最後に漢方薬に興味を持ってくる人が多いらしい

私の昔からの漢方薬の認識は、飲み続けて時間が経過しないと、効果がでないものだと思っていました。
しかし最近防風通聖散などを飲んでみると、即効性があるものも多いようです。
それに自然の生薬だと、抗生剤よりも継続して飲むことに抵抗が感じられない人も多いようです。
医師の間では、年老いてくると、漢方薬に興味をお持ちの医師が多いとの話もうかがいました。

どのくらい飲んで効果を判断すれば良いのか?

防風通聖散の漢方薬を飲んで、すぐに自分に合う合わないと判断できる人もいると思いますが、よく分からない場合は、最低でも1ヶ月は飲み続けて考えた方が良いようです。

ただ効果を実感する前に、発疹や胃のむかつきを感じたら使用を中止して下さい。

生薬の生産地は8割りは中国で、2割りは日本ですが、国が国内生産の計画をすすめているらしい

本草製薬の防風通聖散の生産地は、現在は8割りが中国で2割りが日本です。

またここ10年位は、中国国内で漢方薬の需要が高まっているようです。
中国国民が豊かになり、多くの人が漢方薬を使うようになってきたからだそうです。

そのため、中国から生薬を輸入する時の価格が、以前に比べ高騰しているようです。
朝鮮人参などは、以前の3~4倍の価格だそうです。

なので、農林水産省が田んぼや荒れ地を改良して、国内生産に動き出しているようです。
電話対応して下さった人からは、漢方薬に対する情熱が伝わってきました。