最近、人気になっている防風通聖散
防風通聖散は、肥満症の人に向けた漢方薬で、脂肪の燃焼やむくみに効果があるとされている。
メタボの改善にも大いに役立つため、ナイシトールを初めとした様々な商品が出ているのだ。

それでは、防風通聖散で血糖値を下げることってできるのだろうか?
結論から言うと・・・血糖値を下げるという直接の効果は、防風通聖散にはない

一方で、血糖値が上がるきっかけとなる肥満などにははっきりとした効果が明記されているし、漢方には高血糖に効果的な生薬もあるのだ。

この記事では、防風通聖散の効果に触れつつ、血糖ついに効果的な生薬について書いていきたいと思う。

防風通聖散の効果

防風通聖散の主な効果でメタボに関するものと言えば、

  • 高血圧や肥満に伴う動悸・肩こり・のぼせ・むくみ・便秘
  • 肥満症

が挙げられる。

ただし、「血糖値を下げる」などの文言は見当たらない。

防風通聖散は血糖値には働きかけないけれど、肥満には効果あり

前に書いた通り、防風通聖散には直接血糖値に働きかける効果はない。
ただ、血糖値が上がるきっかけとなる肥満への効果はしっかりと明記されている漢方だ。

血糖値が上がらないように、または血糖値がこれ以上悪化しないように・・・と思って、肥満を予防したいということであれば、効果的と言えるだろう。

血糖値が下がる漢方は?

漢方では、血糖値を下げる漢方薬が存在する。

白虎加人参湯加減方(びゃっこかにんじんとうかげんほう)とか、清心蓮子飲(せいしんれんしいん)といった漢方薬だ。

詳しくは、こちらに書いてあるので、是非読んでみて欲しい。

また、漢方薬の生薬として使われることのある田七人参は、昔から「糖尿病」の人が飲んできたものの一つ。
最近は、田七人参のサプリも開発されているので、良かったら参考にしてみて欲しい。