メタボになったら知っておきたい4つの漢方薬

メタボが気になった時に知っておきたい漢方薬は4種類あります。

九味半夏湯加減方(くみはんげとうかげんぽう)、防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)、大柴胡湯(だいさいことう)、防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)です。

それぞれ、体への作用が違い、メタボに関する症状以外の症状を改善してくれる作用を持つものもあります。

そこで、オススメの4種類の漢方薬について、まとめてみました。

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

これから紹介する漢方の中でも、最も人気があって有名なのが防風通聖散。

防風通聖散は、代謝を高め、体を温め、身体に溜まった脂肪を落とし、脂肪を分解して、さらに燃焼してくれる作用があります。

この4つの漢方薬の中では、1番有名でよく利用されています。
薬局やネットでは「ナイシトール」「和漢箋」といった商品がありますので、知っている人も多いかもしれません。

主に、肥満症に効くと言われています。
それ以外にも、高血圧や肥満によっておこるむくみ、便秘、蓄膿症(副鼻腔炎)、ふきでもの(にきび)に良い作用があります。

体力があって、便秘の人にオススメです。

九味半夏湯(くみはんげとう)・九味半夏湯加減方(くみはんげとうかげんぽう)

九味半夏湯加減方は、日本人の体質に合うようにアレンジされた漢方薬です。
もとは、九味半夏湯と言います。

薬局やネットでは「扁鵲(へんせき)」という名前で売られていますので、見たことがある人もいるかもしれませんね。

九味半夏湯加減方は、主に脂肪過多症に効くと言われています。

BMI・体脂肪率・内臓脂肪面積・中性脂肪・脂肪面積・血糖値を減少してくれます。
また、コレステロール値も低下する作用をもっています。

防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)

防己黄耆湯は、消化吸収を助け、余分な水分を排出してくれます。
主に、肥満症に効くと言われています。

また、肥満による関節のはれや痛み、むくみ、多汗症などにも良い作用があります。

体力があまりない(疲れやすい)・汗のかきやすい・軟便・水太りなどの傾向がある人には、特にオススメです。

大柴胡湯(ダイサイコトウ)

大柴胡湯は、ストレスなどによって、エネルギーが流れにくくなるのを良くする作用があります。

主に、肥満症に効くと言われています。
それ以外にも胃炎、頭痛、便秘、神経症などにも良い作用があります。

また、肝臓での脂質代謝を高める作用があります。

仕事などで、ストレスがたまっていて、必要以上に食べてしまう人にオススメです。

ページの先頭へ

サイトマップ  運営者情報