薬局やどこかで、納豆キナーゼというものをよく目にしませんか?
今回はナットウキナーゼ系サプリの中から、納豆キナーゼPrimeを飲んでみました。

味はほとんどせず、納豆感もありません。
粒からは匂いもあまりしませんが、ちょっとネバネバ感はありますね。

納豆キナーゼ Primeの基本情報

  • 商品名 : 納豆キナーゼPrime
  • メーカー : 株式会社ファイン
  • 価格 : 90粒 税込3,240円(2017/06/30時点での公式サイトの価格)
  • 購入先 : amazon、楽天など
  • 区分 : 栄養補助食品
  • 関与成分 : 納豆キナーゼ活性 中鎖脂肪酸
    もろみ酢粉末

納豆キナーゼPrime 株式会社ファインの詳細について

納豆キナーゼPrimeの特徴

納豆キナーゼPrimeは、業界最高レベルの納豆キナーゼが配合されているとうたっています。

他にも、天然のアミノ酸やクエン酸が含まれているもろみ酢の粉末、ココナッツ由来のすぐに燃焼される中鎖脂肪酸をうりにしています。

納豆キナーゼPrimeの飲み方について

1日の目安摂取量は3粒です。
噛まずに水またはお湯で飲んでください。

納豆キナーゼPrimeを実際に飲んでみました!

納豆キナーゼPrimeを飲んでみました。
業界最高レベルの納豆キナーゼともなると、納豆感も業界最高クラスなのでしょうか?
実際に飲んでみると・・・

黒いカプセルから、匂いは無し

納豆キナーゼPrimeは、粒からは特に匂いを感じません。
袋からは甘いような酸っぱいようなよくわからない匂いがします。
あまりいい匂いだとはいえません。

カプセルの色は黒で、納豆という感じはほとんどありませんでした。

飲んでみると、少しネバネバ

しかし、飲むとすぐに、納豆特有のネバネバが口に広がります。
業界最高レベルの納豆キナーゼともなれば、納豆のネバネバは残ってしまうようです。
水でもお湯でもネバネバします。
お湯の方がきもち多めにネバネバが残ります。

粒は大きめです。
ネバネバする上に粒が大きいと、飲みにくさが増しますね。

ネバネバや大きい粒が嫌いな人は注意

納豆キナーゼPrimeは、喉につっかかりやすい気がします。
ネバネバしていることで残ってしまいやすく、大きさも相まって飲みこみにくいです。

納豆キナーゼPrimeの口コミ・評価

納豆を感じさせる匂いや味がしないため、続けられそうという口コミが多い印象を受けました。
その一方で、なんとなくよくなったような気がするといった口コミも多い。

お客様相談室に電話

気になる事について、お客様相談室に電話して聞いてみました。
この会社の電話対応をしてくれた男性は、何度も折り返しの電話をくれるなどとても丁寧。
丁寧な優しい人が関わっているものなら、なんとなく信用してもいいようなそんな気がしてしまいますね。

それぞれの成分はどこで生産されたもの?外国産?日本産?

どこ産なのか、という問題は安心感に関わってきます。
日々飲むサプリは、安心してゆったりと飲みたいところです。
そこで、それぞれの成分の産地について尋ねてみると、以下のような答えが返ってきました。

主成分は国産のもの

大豆やもろみ酢は国産のものを使っています。
カプセルを作るために使っている豚の皮がカナダ産・カラメル色素に一部使っているトウモロコシがブラジルや南アフリカ産なようです。

国産と価格、どっちが大事?バランスを考えましょう

主成分が国産というのは安心ポイントではないでしょうか?
全部国産となると、お値段が心配なので自分に合ったバランスのものを見つけたいですね

パッケージのマークは、どういう意味があるの?

納豆キナーゼPrimeのパッケージ下の方には3つのマークが描かれています。
栄養補助食品と書かれたマークはなんとなく意味が分かります。
しかし、残り二つは見覚えもあまりないマークです。
Inner Happyと緑で描かれたマーク、Self Controlと描かれたマーク、これらは何を意味しているのか尋ねてみました。

どちらも思いのこもった自社マークでした

まずはInner Happyのマーク。
これは、内側から健康になり、幸せになってほしいという想いを込めた会社独自のマークだそうです。
また、Self Controlの方は自分で行う健康的な食生活の実施をサポートする会社独自のマークだそう。

自社マークなので、あまり気にしなくてもいいかも

何かの認証マークかと思っていましたが、そうではないようです。
サプリの種類により自社マークを使い分けているそう。
この会社のサプリをよく使う、という人には良い目印になりそうです。
そうでない人はあまり気にしすぎない方が良いかもしれませんね。