DHCは、サプリがたくさんありますね。
ナットウキナーゼも調べてみたところ、ナットウキナーゼも商品化してました!
さすが、DHCなんでもありますね(笑

さっそくDHCのナットウキナーゼを購入して、感想を書いてみました。

DHC ナットウキナーゼの基本情報

  • 商品名 : ナットウキナーゼ
  • メーカー名 : 株式会社ディーエイチシー
  • 価格 : 30日分 1,430円(公式)
  • 購入先 : Amazon,楽天など
  • 区分 : 健康補助食品
  • 形状 : 錠剤
  • オススメ : 生活習慣が気になる人に

DHC ナットウキナーゼの詳細について

成分について

1980年に医学博士・須見洋行教授が、納豆のネバネバ部分に血栓を溶解する酵素ナットウキナーゼを発見しました。

世界の食品約200種類を調べた研究結果とともに、1986年に納豆の血液をサラサラにする作用を発表して、世界的に注目を集めています。

DHCのナットウキナーゼには、ナットウキナーゼが3100FU含まれています。
大豆は、国内産を使っているそうです。

飲み方について

1日1粒を目安に、水またはぬるま湯で噛まずに飲んでください。

夕食後に飲むのが1番オススメだそうですよ。

DHC ナットウキナーゼを飲むなら、他のメーカーのを推奨!

公式サイトでの購入がオススメ

買った後で気づいたのですが、公式サイトの方が値段が安いようです。(2017年2月現在)
また、Amazonだとサプリが砕けていたというトラブルもあるようなので、公式サイトで購入すると良いですよ。

DHCはたくさんの商品を出していますが、まさかナットウキナーゼもあるとは・・・。

今までの商品とは違った文字で、子供が好きそうな可愛い感じです。

飲みにくいし、変な匂い

ナットウキナーゼの袋を開けると大豆のような匂いもするけど、ちょっと変わった匂いがします。
なんとも表現しがたいので、良い匂いではないです。

1粒取り出すと、ん?DHCのナットウキナーゼは、ソフトカプセルではありません。
パキパキとした触り心地で、簡単に砕けそうです。

ただ、タブレットなのか?というと、タブレットのようなザラザラした感じもありません。

飲んでみると・・・飲めない!
喉まで錠剤が流れる?滑らない?ので、とても飲みにくいです。

1粒なのに、他のサプリなら3粒は飲めるくらい時間がかかりました。

DHCのナットウキナーゼはオススメできない

1日1粒飲むだけで、ナットウキナーゼが3100FUとなると、お手軽だと思うのですが・・・。
とっても飲みずらいし、サプリ自体もなんだか怪しい。

今まで、ナットウキナーゼのサプリをいくつか飲んできていますが、DHCのナットウキナーゼは初めての感覚のサプリでした。(悪い意味で)

納豆の匂いもしないので、納豆嫌いの人には良いかもしれません。
でも、私の本能的にオススメはできない商品です。

電話して、アグリコン型10mgについて聞いてみた

アグリコン型とDHCナットウキナーゼには書かれているのですが、初めて見たのでDHCに電話して聞いてみました。

納豆の大豆に含まれる大豆イソフラボンは、グリコシド型とアグリコン型に分かれているそうです。

グリコシド型とは、イソフラボンが糖と一緒になっているので、胃では吸収されず、腸の腸内細菌で糖が分解されないと体内に吸収されないものらしいです。
国産のサプリのほとんどは、グリコシド型。
また、食品では、納豆、豆腐、きな粉などもグリコシド型なんだそうですよ。

アグリコン型は、イソフラボンの周りの糖が無いので、すぐ体内に吸収されるものなんだそうです。
醤油や味噌がアグリコン型になります。

グリコシド型は時間をへて、アグリコン型になると言っていました。