血糖値が気になる人へのサプリ、メタバリアスリムを実際に飲んでみました。

袋が小さめで、持ち運びに便利なので、会社にも持っていけるのが便利です。
また、粒が小さめで、飲み易いのが嬉しかったですね。

この商品は、リニューアルされたため、現在は販売されていません
新たに、サラシア由来サラシノールの、腸内環境を整えるという機能が追加された、「メタバリアS」という商品が販売されています。

メタバリアスリムの基本情報

現在、リニューアルされています。
img_0148

  • 商品名 : メタバリアスリム
  • メーカー名 : 富士フイルム株式会社
  • 価格 : 2,350円(120粒)(2017/6/6日現在のamazonでの価格)
  • 購入先 : 公式サイト、amazon、楽天
  • 区分 : 機能性表示食品
  • 形状 : 錠剤
  • おすすめ : 血糖値が気になる人

メタバリアスリムの詳細

成分名・機能性表示

メタバリアスリムには、関与成分としてサラシア由来サラシノールが入っています。
メタバリアスリムに入っているサラシアの生産地は、東南アジアで、サラシアの木の根の粉末を使っているようです。

サラシアは食後の血糖値を上昇させず、なおかつ体内脂肪を減少させる働きがあると言われています。

血糖値が気になる人や食事から摂取した糖の吸収をおさえたい人にオススメですね!

img_0149

飲み方について

1日の目安摂取量は8粒です。
食事の前(10分~15分前)に、水と飲むと糖の吸収を抑えやすくなるので、オススメです。

メタバリアスリムが胃の中で溶けてから食事をするほうが、糖の吸収を抑えるサポート力が増すそうです。

また、販売会社に聞いてみたところ、朝食を抜いてしまう場合、昼食と夕食の2回に分けて飲んで下さいと言っていました。
もし、間食があるようならば、その前に飲んでも良いそうです。

img_0152

メタバリアスリムの味・匂いってどんなもの?

実際に、メタバリアスリムを飲んでみました。

袋のサイズは小さめで、光を反射しやすい

メタバリアスリムは、袋が小さいのが印象的です。
カバンに入れることも容易なので、外出する際に便利ですね。

また、袋が光を反射しやすく、よく目につく感じがします。
持ち歩いていても、飲み忘れることが少なくなるような気がしますね。

メタバリアスリムは水で飲むのがおススメ!

img_0150

袋を開けてみると、薬のような、とろろこんぶのような匂いがします。
メタバリアスリムの粒自体からは、あまり匂いは感じませんでした。

メタバリアスリムに、お湯と水で飲むときに違いはあるのか、試してみました。
まず水で飲んでみると、匂いも味もありません。
粒も小さめなので、だいぶ飲み易い感じです。

次にお湯で飲んでみました。
お湯で飲むと、味に苦みがでて、土みたいな匂いがしました。
お湯で飲むのはオススメしません。

img_0151

メタバリアスリムはササッと飲みやすく、続けやすい

1日8粒って、正直サプリの中では大分用量が多いほうだと思います。
飲むのもおっくうになったり、諦めてしまわないかすこし不安です。

でも、メタバリアスリムは粒がかなり小さいため、同時に2粒飲むことができました。

そのため、思っていたよりは負担ではありません。
持ち運びもしやすいので、食前にさっと飲んで、ぜひとも糖の吸収をおさえてもらいたいです。

電話して、気になることを聞いてみました

写真フィルムの会社が、なぜサプリを作っているの?

フジフイルムの写真のフィルムのCMは、TVで見たことがある人も多いと思います。
そんなサプリとはあまり関係のなさそうな事業で有名な会社が、なぜサプリや化粧品も扱うようになったのか聞いてみました。

フジフィルムさんによると、フジフイルムの研究室では、フイルムの劣化を予防するコラーゲンの研究が進められていました。

そのコラーゲンの研究成果を、化粧品やサプリに生かせるとわかったため、サプリ、化粧品にも参入していったそうです。

メタバリアスリムのその他の成分や添加物についても聞いてみました

メタバリアスリムには、一番最初に、難消化性デキストリンが記載されています。難消化性デキストリンは水溶性の食物繊維の1種です。

メタバリアスリム1日分(8粒)でレタス3個分の食物繊維に相当するのだとか。
そのため、中性脂肪・コレステロールや、血糖値を抑えるだけでなく、便秘解消にも役立つそうです。

また、赤ワインポリフェノールは、抗酸化作用で体内の酸化を予防するのに使われます。
緑茶抽出カテキンも、ポリフェノールと同じ抗酸化作用があるものとのこと。

そして、クロム含有酵母は、キノコや穀物に多く入っているミネラルだそうです。

セルロースは、形を作るもので、微粒酸化ケイ素は錠剤を固める役割があるようです。
使用されている光沢剤も植物由来を使っていると言っていました。

最後に記載されている酵素処理ルチンは、ケルセチン配糖体で、槐(えんじゅ)の花のつぼみからエキスを抽出し、脂肪の吸収を抑える働きがあるようです。

サプリの原料名は、効果効能をもたらす原料と添加物が分かれて書いてないものが多いですね。
最後の方に書かれているのが添加物だと思っていたら、違ったようです。

目新しい名前をみると、原料なのか添加物なのか迷ってしまいますね。

メタバリアスリムとカロリミット、どちらがいいの?

メタバリアスリムもカロリミットも、カロリーカット系のサプリメントです。
どちらも糖の分解の抑制の働きがあり、どちらをとるか迷う人もいると思います。

2つの違いは

  • 有効成分
  • メタバリアスリム…サラシア由来サラシノール
    カロリミット…インゲン豆・ギムネマ・キトサン・クローブ・桑の葉エキス

  • メタバリアスリムは食物繊維が多く含まれている
  • カロリミットは脂肪カット効果も見込める

といったところですね。

どちらのサプリも500円で14日分のお試しセットがあります。
普通に買うよりもずっと安く手に入るので、気軽に試してみてもいいのではないでしょうか?

メタバリアSとしてリニューアル発売

上でも書いたように、この商品は、現在販売されておらず、リニューアルしたんです。
Amazonなどで探したら、購入できるかもしれません。

サラシア由来サラシノールの、腸内環境を整えるという機能が加わりました。

1日の摂取目安なども違うため、新しくなった商品についても、飲んで感想をまとめてみました。
ぜひ参考にしてみてくださいね。