おいしいものを食べたいけど、中性脂肪を減らしたい…
そう思っていた私の目の前に1枚のチラシが!
そのチラシに載っていたのがベータミオでした。

果たしてベータミオとはどんなサプリなのか…
一緒に見ていきましょう!

ベータミオの基本情報

  • 商品名 :ベータミオ
  • メーカー名 : 富士産業(株)ウェルベスト
  • 価格 : 一般購入10,080円(税込)30日分
        定期購入 9,071円(税込)30日分
  • 購入先 : 公式サイト、楽天、Amazon
  • 区分 : 特定保健用食品
  • 形状 : 錠剤
  • オススメ : 中性脂肪が気になる人

ベータミオの詳細について

ベータミオの効果


ベータミオは特定保健食品です。

肥満や生活習慣病のもととなる「中性脂肪」に3つの方向から作用します。

その3つの働きとは、今ある中性脂肪を燃焼させる働き、これから作られる中性脂肪を抑制する働き、食べた中性脂肪をブロックする働きのことです。

大豆イソフラボンアグリコンで吸収力を早く

ベータミオには大豆イソフラボンアグリコンという成分が含まれています。
通常の大豆イソフラボンよりも、大豆イソフラボンアグリコンの方が吸収しやすいのです。

というのも、大豆イソフラボンアグリコンは腸に入るとアグリコンに変わるからです。
大豆イソフラボンアグリコンの方が体にいいことがいっぱいですね!

β(ベータ)-コングリシニンを毎日しっかり摂ると中性脂肪が減る!

成分のβ(ベータ)-コングリシニンはとても希少で、大豆だと5~7%しか摂れません。
しかし、京都大学の研究によると、β(ベータ)-コングリシニンの中性脂肪への影響力は絶大だそうです。

簡単にβ(ベータ)-コングリシニンを摂取できるモノはないのか。
これを簡単に摂れるのがベータミオというワケです。
もしも、大豆で中性脂肪を減らそうと思ったら、毎日250粒の大豆を食べ続けなければいけないようです…

水がなくても噛んで食べるだけなのでいつでもどこでも

ベータミオは水がなくても簡単に口に含んで噛むだけです。
なので、いつでもどこでも食べることができます。

1袋に8粒のタブレットよりも小さめの粒が入っています。
粒は円盤状で、大きさは直径が直径13.2mm、厚さが6.3mmの少し黄色がかったオフホワイトです。
小袋は携帯でき、軽くて持ち運びには便利です。

ベータミオは紀元前5000年からの歴史ある食品に注目した

お菓子のヨーグレットのようで空腹時のおやつにも

ベータミオの味はお菓子のヨーグレットのようでとても食べやすいです!
1袋に8粒も入っていたことも高ポイントです。

しかし、一緒に食べていた会社の同僚は、「香りほどヨーグルトの味はしない」と言っていました。
そのうえ、「毎日これを2袋食べ続けるのはきついなー。」とも・・。

ベータミオの箱には、1日2袋が目安の分量になると書いてあります。

食べ方についての決まりは書かれていませんが、個包装の開封後は速やかに食べるようにとのこと。
1粒ずつ噛んでいくと、量がある分空腹時にはお腹の足しになります。

古(いにしえ)の時代から食べられている大豆の中にお宝があった!

大豆は古事記にも書かれている位、古くから慣れ親しんだ栄養食品です。
紀元前5000年には中国東北部ですでに栽培されていたそうです。

畑の肉と呼ばれ良質なタンパク質のほかに、コレステロールの低減効果があります。

そして、主要タンパク成分「β-コングリシニン」が、内臓脂肪や中性脂肪を効果的に低減させることがわかり、大豆はどこまで未知な食品なんだろうと感心させられます。
これからまだまだ新たな効果が発見できるかもと、期待してしまいそうです。
金額がもうちょっと安かったらと思いますが、原材料と手間と研究費なのかもしれませんね。