ウォールナッツオイルとは

ウォールナッツオイルって何?

ウォールナッツオイルは、クルミの種子の中の柔らかい部分を使った油です。

種子の中の仁と呼ばれる柔らかい部分を挽いて、焙煎して、圧搾したものです。

クルミの多くは、カリフォルニアなどの温暖な地方で栽培されたものを使用しています。
歴史は古く、果実が食される以前から使われてきました。

このオイルは、特にフランスやスイスでは人気が高く、パンやお菓子にはよく使われています。

ウォールナッツオイルの特徴

このオイルの特徴としては、ナッツの芳醇な香りです。
精製の度合いでは、ビターな風味も感じるようです。

クセのある食材との相性は良いです。
適度に食材のクセを抑えつつ、香りとコクを与えます。

ウォールナッツオイルの食べ方

このオイルは、ドレッシングや和え物の漬け汁に使われます。
また、クセのある食材のスモークした鶏肉やハーブ料理にもよく使われます。

このオイルの欠点は、加熱しすぎると劣化することです。
出来るだけ生で食するか、炒める場合もサッと程度で良いようです。

パンケーキにもよく使われます。
より栄養を求める場合は未精製のものを使うと良いでしょう。

ウォールナッツオイルの効果・効能

代謝が良くなる

注目すべきは、動脈硬化の原因の、血栓が予防できる血液サラサラ成分が入っていることです。

ビタミンEやαーリノレン酸が体内でDHA、EPAに変わり効果を発揮します。
血流が良くなることで、むくみの解消にもなります。

またこのオイルは、カリウムやカルシウムなどのミネラルも豊富です。
それにより、代謝が高まり体内の老廃物が排出されます。

他にはリノール酸、パルミチン酸なども含まれていて、老化防止に活躍してくれます。

全身に使えるマッサージオイル

美容には、マッサージオイルとして入浴後に全身に使えます。

使い心地はサラリとして良いですが、まれに合わない人もいます。
肌の弱い人は、使用前に腕の内側などの柔らかい処で、パッチテストをしてみて下さい。

このオイルは、やけど、湿疹、紫外線によるぶつぶつなどにも効果があるようです。

また、このオイルをシャンプー前に頭皮マッサージに使用すると、古い皮脂が取れたり、フケやかゆみの解消のなったりするようです。

消費期限は守ってください

このオイルは、酸化に弱いので、消費期限は出来るだけ守ってください。

オイルを使用していて、酸化した臭いが強い場合は、使用を中止してくださいね。

開封前は冷暗所に、開封後は冷蔵室での保管がおすすめ。
また、クルミの香りがダメな人や、食べてお腹が緩くなった人は控えた方が良いです。

このオイルに、酸化防止の成分がある小麦胚芽油を加えると、品質の低下を遅らせられるちょっとした裏技もあります。

コメントをどうぞ