大正製薬から出ている、「ナチュラルケア<ヒハツ>」。
お水やお湯に溶かして飲む、スティックタイプのお茶ですね。

スティックタイプって便利ですよね!
持ち運びにも場所をとらないし、すぐに作れますし。
私も重宝している一人です。

そんな「ナチュラルケア<ヒハツ>」を今回はご紹介していこうと思います。
では1つづつ見ていきましょう!

ナチュラルケア<ヒハツ>の基本情報

  • 商品名 : ナチュラルケア 粉末スティック<ヒハツ>
  • メーカー名 : 大正製薬株式会社
  • 形状 : 顆粒スティック
  • 価格 : 2150円~(2016/12/27時点での価格)
  • 購入先 : 楽天・Amazon・公式サイトなど
  • 区分 : 機能性表示食品

ナチュラルケア<ヒハツ>の詳細について

関与成分・特徴

ナチュラルケアは、ヒハツ抽出物(デキストリン、ヒハツエキス)「ヒハツ由来ピペリン」が配合されています。

血圧の上昇を抑える効果があるようです。
高めの血圧が気になっている方にオススメですね。

b4

飲み方について

毎日1回、スティック1袋(3g)を約100mlの水かお湯で溶かして飲んでください。
実験結果では、ヒハツを2週間以上飲み続ければ、血圧低下の効果が見られたようです。

c

ナチュラルケア<ヒハツ>を飲んでみました

まずはコップに、粉末状のヒハツを入れてみました

ヒハツはコショウ科なので、ほのかに香辛料のような味や香りもします。
香辛料が受けつけないという方には、向いていないかもしれません。
血圧低下を期待しながら、お茶代わりに気軽に飲めるのが利点だと思います。e

お買い得感のある、香りが特徴的なお茶でした

30日分が2500円位なら、かなりお得感はありますよね。
また、お茶の香りとともに、香辛料のようなつんとした香りが若干します。
粉末状なので、マドラーやスプーンでよく混ぜると良いかもしれません。

お茶をアイスとホットにして飲み比べてみました。

dまずはじめに、お水に溶かしてアイスで飲みました。
かなりスッキリ、さっぱりした飲み心地です。
ただ若干、香辛料のつんとした香りが気になりました。
ただ、味は普通の日本茶と変わらないです。
アイスの状態でも、無理なく継続して飲むことが出来そうでした。

次に、熱湯でお茶を入れました。
香辛料っぽい香りは、ホットにするとアイスで飲んだ時よりも和らいでグッと飲みやすくなっている気がします。
また、ホットで飲むとヒハツの成分のおかげか、口内や身体がホカホカ温まります。
これはアイスで飲んだ時には感じられなかった、ホットのお茶の良さですね。

結果として。
アイスでもホットでも、両方おいしくいただけると思います!

ナチュラルケアについて、電話してみました

ヒハツはどこで採れたもの?

ヒハツとはコショウ科のツル性の植物ですが、中国やインドには昔からあったようです。
昔から冷えを改善するために使っていたようです。

だから、飲んだ後にポカポカしていたんですね。

大正製薬ナチュラルケアに使われるヒハツは、どこで採れたかものか聞いてみたら、インドネシアのものだと言っていました。

 

いつ飲むのが最適なの?

ナチュラルケア(ヒハツ)は、1日1回飲むだけですね。
特に効果を発揮しやすい飲み方はあるか、聞いてみました。

時間帯などはいつ飲んでも同じとのことで、毎日決められた時間に飲むことで、忘れずにすむと言われました。

特に、これといって効果が高くなるようなことは無いようです。

成分について聞いてみました

ヒハツの中のピパリンが、血圧上昇を改善する働きがあり、血管をしなやかにし、血管内に一酸化窒素の働きを増量し、血管を広げて血流が良くなるんだそうですよ。

ナチュラルケア(ヒハツ)のお茶の葉について聞いてみました。
静岡の佐藤園の1番茶を使っているそう。

米は、粉末の結合剤として使われているみたいですね。

 

コメントをどうぞ