今回ご紹介するのは、京都やまちやが販売している「葛の花由来イソフラボン入り きょうの青汁」です。

京都のお茶ですね。
なんだか、「京都のお茶」ってだけでどこか良いものというイメージがついているのは私だけでしょうか。(笑)

京都やまちやは今回紹介するきょうの青汁の他にも、なたまめ茶や歯ブラシなどを販売していますので、興味があればぜひ検索してみてくださいね。

では、さっそく「きょうの青汁」の詳細を見てみましょう。

きょうの青汁の基本情報

  • 商品名 : きょうの青汁
  • 価格 : 30袋 3,050円(2017/4/17時点での公式サイトの価格)
  • 購入先 : 公式サイト
  • 区分 : 機能性表示食品
  • 関与成分 : 葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として):35mg
  • おすすめ : お腹の脂肪が気になる人にオススメ

きょうの青汁の詳細について

成分名・特徴

  • 特徴
    葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類)は、肥満気味な人の体重やお腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)やウエスト周囲径を減らすのを助ける機能があることが分かっています。
  • 葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)が35mg含まれています。

飲み方について

食事の時に1日1袋(3g)をお水かお湯に溶かして飲んでください。

きょうの青汁の購入レビュー

京都やまちやにお茶を注文してから数日。

お茶が届きました!
注文してから手元に届くのは早かったですね。

京都やまちやの包装と中身がスゴイ!

こんな感じの箱に入って届きました。
京都の街並みや、配達業者さんに向けてのねぎらいの言葉が書いてありますね。
配達業者さんにまで気を配る包装はなかなか珍しいですよね!

では開封していきましょうか。

蓋の裏に、広告がいっぱい書いてあります。
中にはチラシがぎっしり入っていますね。
チラシを箱から出すと、その下からお茶が入った箱が出てきます。

お茶の箱を取り出してみました!
真ん中に大きく「きょうの青汁」と書かれていますね。

京都産素材にこだわっているようです。
もしかしたら、「今日」と「京」をかけてるんですかね?

封を開けると、このような感じで30袋入っています。

お茶を作って実際に飲んでみた!

次に、実際にお茶を作って飲んでいきます。

作ってみました!

ちなみに今回も水で作ったものとお湯で作ったものを作りました。
左が水で作ったもの、右がお湯で作ったものです。

なんかすごい色をしてますよね。
水で作ったほうも、お湯で作った方も、色が分かれて層状になっているのがわかるかと思います。
青汁って、こんな色もあるんですね。

それと、水で作ったものとお湯で作ったものの色もちょっと違いますね。

最後に、飲んでみました。
まずはお水で作った青汁の方からいただきます。

味は悪くないです。
少々渋いような気もしますが、それも耐えられる範囲。

青汁というよりかはお茶を飲んでるような感じでした。
グイッと飲んでも飲みやすいかと思います。

次に、お湯で作った方の青汁です。
こちらは自分の口には合いませんでした・・・。

なんでかっていうと、お湯の方が味が濃いんですよ。
草っぽい感じがするんです。

もはや別のお茶?ってくらい味に違いがありましたね。

そのため、お湯で飲むのはあまりおすすめできません。

また、お湯で飲んでもお水で飲んでも、溶け残りは酷かったです。
しっかりかきまぜたんですけどね・・・。

もし飲むのであれば、冷たいお水で。
冷たいものを体に入れたくないという人は、他のお茶を探す方が良いかもしれませんね。

体脂肪を減らす飲み物に戻る