イマークSは日本水産株式会社から販売されているトクホ(特定保健用食品)です。

EPA・DHAが含まれていて、中性脂肪が気になる人にオススメされています。
EPA・DHAのサプリって、魚特有の生臭さがあるイメージがあったんですけど、イマークSの味や匂いってどんな感じなんでしょうか?

今回は、実際にイマークSを飲んでレビューしてみました!

イマークSの基本情報

img_0146

  • 商品名 : イマークS(日本水産株式会社)
  • 価格 : 10本 1080円(2016/6/13時点での公式サイトの価格)
  • 購入先 : amazon、楽天など
  • 区分 : 特定保健用食品
  • 形状 : ドリンク
  • おすすめ : 中性脂肪が気になる人

イマークSの詳細について

成分名・特徴

img_0148

img_0153

イマークSは、血中中性脂肪を下げる効果があるエイコサペンタエン酸(EPA)600mg、ドコサヘキサエン酸(DHA)260mgを含んでいます。

血中中性脂肪が気になる人に向けたサプリメントです。

血中中性脂肪を20%も低下する試験結果も提出されています。
なんと言っても特保なので、信頼しやすいですね。

しかし、イマークSだけで脂質異常症の治療や、予防が出来るわけではありません。
治療中の方は、お医者さんとよく相談して使用してください。

また、材料に大豆を含んでいるため、大豆アレルギーの人は飲んではいけません。

飲み方について

1日の目安摂取量は1本です。
食後の方が中性脂肪により効果があるそうです。

img_0297

特保のイマークSを飲んだ感想

実際に、血中中性脂肪が気になる人向けの特保でもあるイマークSを飲んでみました。

サラサラした乳飲料っぽい見た目

早速開けてみましょう。

img_0152

10本入りで5本ずつ分けられているんですね。
コンビニやスーパーとかで売っている普通の乳飲料みたいな感じです。

では実際にコップに注いでみましょう。

img_0151

色は真っ白です。
ここでは少しわかりづらいですが、結構サラサラしている感じでした。

魚の匂いは一切せず、海外のお菓子のような匂い

EPAやDHAが入っていたら、魚臭いと思いますよね。
匂いは、海外のお菓子のような匂いでした。

海外のお菓子の匂いらしく、結構好みが分かれる匂いです。
筆者は海外のお菓子の匂いがけっこう好きなので、全く嫌な感じはしませんでした。
人工的な匂いと言ってしまえばそれまでなのですが・・・。

とはいえ、生臭いのが苦手な人にはオススメですね。

イマークSは、海外のガムのような味がする

次は、実際に飲んでみましょう。

口に含むと少し酸味を感じます。

ただ、刺激の強すぎる酸味ではないです。
本当に程よいといった感じですね。
飲み込んでからも同じ酸味を感じました。

味は、海外のガムを口に入れているような感じがします。
匂いと味が一緒なんですよね。

その代わり、後味はだいぶサッパリしています。
スッと味が無くなるような感じがしてから、その後に、少し乳酸菌特有の風味が戻ってきました。

個人的には、だいぶ美味しい方のサプリじゃないかな…と思いました。
ただ、少しずつ飲むよりは、一息に飲んでしまった方がいいかもしれません。

また、冷蔵庫で冷やしても美味しいのではないかと思います。

これを1日1本飲むだけで、中性脂肪に変化があるなら、毎日続けてみる価値はありそうです。

イマークSについて色々と聞いてみました

イマークとの違いは何?

ニッスイでは、昔からイマークという商品も出しているので、どこが違うのかを聞いてみました。
聞いてみたところ…

イマークは要冷蔵ですが、イマークSはアルミ缶で常温で保管できます。

また、カロリーも、イマークは砂糖を使用しているので1本65kcalですが、イマークSは1本26kcalです。
イマークSはかなりカロリーが下がっているんですね。

また、イマークSの方が飲みやすいような工夫が多くされているとのことでした。

成分について詳しく聞いてみた

イマークSの主成分であるDHA・EPAはカタクチイワシを使っているそうです。
ペル―沖で獲れたもので、その場所はダイオキシンが少ない海域なんだとか。
イワシの油をペルーで粗搾りしてから、日本の工場で精製しているそうです。

乳化剤には、パーム油を、酸味料には、乳酸とクエン酸とクエン酸三ナトリウムが使われているようです。
トウモロコシやビートやサトウキビ由来のものだと言っていました。

また、香料は、トウモロコシやヤシ、サトウキビ由来とのことです。
酸化防止剤のチャ抽出物は、お茶のカテキンを使っているようです。

材料のほとんどが食物由来の添加物ばかりのようです。

内臓脂肪に効果はありますか?

最後に、イマークSは内臓脂肪を減らしたい時も役に立つのか聞いてみました。

イマークSは、中性脂肪に効果があるものなので、血液中の脂肪を下げれば、結果的に内臓脂肪も下がることもあるそうです。

イマークSを飲み続けることで、体の中の脂肪を溜め込まない体質になっていくとのこと。

ただし、1日に飲む量を増やしたからといって、中性脂肪が下がるというものでも無いようです。

コメントをどうぞ