グルコケア「粉末スティック」の基本情報

IMG_0068[1]

  • 商品名 : グルコケア「粉末スティック」(大正製薬株式会社)
  • 価格 : 30包(6g) 2,232円(2016/6/13時点での楽天の価格)
  • 購入先 : amazon、楽天など
  • 区分 : 特定保健用食品
  • おすすめ : 血糖値が気になる人

グルコケア「粉末スティック」の詳細について

成分名・特徴

グルコケアは、食物繊維の難消化性デキストリンを含んでいて、食事に含まれる糖の吸収をおだやかにしてくれる働きがある。
食事と一緒に飲むことで、食べた後の血糖値がゆるやかになるので、食後の血糖値が気になる方にピッタリの飲み物だ。

同じシリーズで「グルコケア 粉末スティック 濃い茶」もある。

電話して、成分について聞いてみた

デキストリンは、トウモロコシから抽出されるデンプンだ。

緑茶抽出物や緑茶は、静岡の佐藤園の1番茶を使っているとのこと。

また、米は、粉末をまとめる役割として使われているようだ。
食事と一緒に飲むことで、食べた後の血糖値がゆるやかになるので、食後の血糖値が気になる方にピッタリだ。

血糖値に異常があったり、糖尿病の治療をしている人は、十分にお医者さんと相談してから飲むように。
摂り過ぎで体質・体調により、おなかがゆるくなることがあるので気をつけよう。

飲み方について

1日3回、食事と一緒に1回1包(6g)を約100mlのお湯か、お水に溶かして飲んでほしい。
お茶やみそ汁に入れて飲むこともできますが、水かお湯がオススメだ。

グルコケア「粉末スティック」は、とけ残りもなく味も美味しかった

まず最初に気が付いたのは、溶けるスピードがものすごく早いことだ。
少しかき混ぜただけでしっかりと溶けていた。
底にも粉が残っていなかったのはすごいことだと思う。

今回も冷たいものと温かい物を比較してみた!

まずは冷たいものから。

IMG_0066[1]

にごりのあるしっかりとした緑茶だ。
冷たいので香りはそこまでない。

しかしキリッと冷やされている分、お茶の味がしっかりと感じられた。
味も全く苦くないですし、粉っぽくもないので飲みやすい

次に温かいものです。

IMG_0067[1]

見た目はあまり変わらない。
もちろん味も大きく差はないのですが、ただ一つ大きな違いがあった。

それは香りだ。

お湯にスティックを溶かすと、緑茶特有の良い匂いがふわっと漂ってくるのだ。

お湯で入れると、香りはより引き立つものだ。
それにしても、あまりにも違いが大きかったので、かなり驚きだった。

お茶漬けとかにそのまま応用できそうなくらい、普通の温かい緑茶と変わらないし、何より美味しい。

それと、温かいお茶を冷ますために放置してみたところ、全く粉が沈殿しているという事もなかった。
ここまでしっかり溶けきっているのは飲む方からすると、とても嬉しいものだ。

普通にご飯と一緒に飲むのも良いだろうし、和菓子と温かいグルコケアでまったり過ごすというのも良いかもしれない。