中性脂肪とは、具体的には体にどのような働きを持っているのでしょうか。

中性脂肪が、なんとなく体の脂肪であることだけは知っている人が多いと思います。
しかし、中性脂肪がどのような効果を体にもたらすのか、中性脂肪値が高すぎるとどのような影響があるのかなど、ちゃんと把握していないこともありますよね。

今回は、そんな曖昧なイメージの中性脂肪とは何なのか、詳しく説明します。

中性脂肪とは?

中性脂肪とは、トリグリセライドとも言い、数種類ある体内の脂質の一つです。
中性脂肪の他に、コレステロール、リン脂質、遊離脂肪酸といった脂質があります。

中性脂肪が増えすぎると体内に中性脂肪が過剰に溜まり、いわゆる「肥満」になってしまいます。
最近では、脂っこい料理の食べ過ぎや運動不足により、肥満になってしまう人が増えています。

中性脂肪の働き

脂質はそれぞれ体内での役目を持っていて、中性脂肪は、

  • 体内のエネルギー源を蓄えること
  • 内蔵を衝撃から守ること

が主な役目です。

食事をしてエネルギーを摂ると、すぐに使われないエネルギーは形を変えて肝臓や細胞内に中性脂肪として蓄えられます。

体に栄養が不足すると、蓄えられた中性脂肪がエネルギーとして使用されます。
そのため、中性脂肪が不足していると、体は栄養不足になり体調を崩してしまうのです。

また、中性脂肪は骨格に守られていない内蔵を、衝撃から守る役目もあります。
お尻の脂肪などが良い例ですね。

以上のように、中性脂肪は多すぎると肥満の原因となりますが、体になくてはならない大切な役目も持っているのです。
なので、ただ無くせば良いという訳ではなく、程よい量をキープすることが大切です。

中性脂肪とコレステロールの違い

中性脂肪とコレステロールは混同してしまいがちだと思います。
しかし、同じ脂質でも、中性脂肪とコレステロールの役目は大きく異なります。

一言で言うと、

  • 中性脂肪とは、余分なエネルギーを体内に貯めたもの
  • コレステロールは細胞膜やホルモンの材料になって体を形成する材料

といった感じですね。

どちらも増えすぎると体に悪影響を及ぼします。
それぞれどのような症状が起きるかは異なるため、双方を増やしすぎないように注意が必要ですね。

中性脂肪が高いと、動脈硬化や生活習慣病につながります

先ほど、中性脂肪を貯めすぎると肥満につながる、という話はしましたよね。
この肥満の状態を放っておくと、動脈硬化が進み、様々な生活習慣病の引き金となってしまうのです。

また、動脈硬化によって引き起こされる心臓病や脳疾患などの病気は、最悪の場合命に関わります。
たかが肥満と侮っていると、そのような病気にかかってしまうかもしれないのです。