コレステロールとは、具体的にはどのようなものなのでしょうか。
名前はよく聞くものの、実際にはなんのことなのかよくわかっていないなんてこと、ありませんか?

コレステロールは体内にある脂肪の一種で、体の様々な部分の材料になってくれています。
今回は、そのようなコレステロールがどのような働きを持っているのか、簡単にまとめました。

コレステロールの働き

コレステロールと聞くと、なんとなく体に悪いイメージがしませんか?
でも実は、コレステロールは人間にとって大切な働きもしています。

その働きは、

  • 細胞膜の材料
  • ホルモンの材料

の2つに分けられます。

細胞膜とは、細胞を包み守っている膜のことです。
コレステロールは、この細胞膜の材料になります。

そしてホルモンは、体内の様々な器官に指令を出す物質。
コレステロールは、ホルモンの重要な材料にもなります。

コレステロールと中性脂肪の違い

コレステロールと中性脂肪の違いって分かりますか?

コレステロールと中性脂肪は、実はどちらも脂質の仲間です。
しかし、その働きは全く違います。

コレステロールは細胞膜やホルモンの材料になって、人間の体を形作るもの。
骨の元となるカルシウムと似ています。

一方で中性脂肪は、人間が体を動かすためのエネルギーの貯蔵庫になります。

この2つの物質はどちらも、増えすぎると体に悪い影響を与えます。
でもその影響は、コレステロールと中性脂肪では異なります。

詳しくは次の記事を参考にしてください。

コレステロールには「善玉」「悪玉」の2種類があります

コレステロールには、2つの種類があります。
1つは善玉コレステロール(HDLコレステロール)、もう1つは悪玉コレステロール(LDLコレステロール)と言います。

では、この2つのコレステロールにはどのような違いがあるのでしょうか。

悪玉コレステロールは、体内の各細胞にコレステロールを届けます

コレステロールは肝臓に蓄えられています。
そして肝臓に蓄えられたコレステロールが、血管を通って細胞に届けられます。

その時コレステロールはむき出しのまま血管を通るのではなく、輸送用の箱に入れられてから血管を通ります。
この輸送用の箱のことをLDLと言い、LDLに入っているコレステロールのことを悪玉コレステロール(LDLコレステロール)と言います。

善玉コレステロールは、細胞から肝臓に戻っていくコレステロールです

この回収用の箱のことをHDLと言い、HDLに入ったコレステロールのことを善玉コレステロール(HDLコレステロール)と言います。

善玉コレステロールと悪玉コレステロールのバランスが崩れると、体に悪影響が起こります

悪玉コレステロールによって運ばれたコレステロールが、善玉コレステロールによってきちんと回収されることで、血管内は正常に保たれています。

しかし悪玉コレステロールによって運ばれたコレステロールを、善玉コレステロールが回収しきれなくなると、コレステロールが血管や細胞内に溜まっていってしまいます。

問題なのは、この部分!

血管内に余分なコレステロールが増えすぎると、血液がドロドロになって、体に悪い影響を与えてしまうのです。

大切なのは、コレステロールの循環がうまくいくように、善玉と悪玉のバランスを保つこと。

1つの善玉コレステロールは、大体2つの悪玉コレステロールが運んだ量のコレステロールを回収することができます。
そのため、善玉コレステロールと悪玉コレステロールの比は、1:2くらいに保つことが理想とされています。

コレステロールは、体にどんな悪影響を与えるの?

悪玉コレステロールが増えて、善玉コレステロールが減ると、血管内にコレステロールが溜まってしまいます。
そうすると、脂質異常症という状態に。

脂質異常症になると、動脈硬化(血管が硬くもろくなること)になりやすいです。
動脈硬化が進むと、体のいろいろな箇所の血管が詰まりやすくなったり、破れやすくなってしまいます。

例えば心臓に血液を送る血管が動脈硬化になり、血管が詰まってしまうと、心筋梗塞になってしまいます。
心筋梗塞は最悪の場合死に至る恐ろしい病気です。

この他にも、動脈硬化によって引き起こされる恐ろしい病気はいくつもあります。
だから、コレステロールの値には注意しなければならないのです。