普段、食べているものに、中性脂肪・コレステロールを下げる食材が入っていたら、良いですよね。

中性脂肪・コレステロールを下げる食材を知っていたら、コンビニ飯や弁当・定食などを選ぶ時にも、ほんの少しだけ気にすることもできます。

奥さんに、夕飯やお弁当に入れてと頼むこともできるかもしれません。
(私は、妻に嫌な顔されるので、そんなこと頼めませんが・・・。(笑))

今回は、中性脂肪・コレステロールを下げる成分を含む食材をまとめてみました。

中性脂肪・コレステロールを下げる食材に含まれる成分

中性脂肪・コレステロールを下げる成分は種類がありますが、中でも有名なのが食物繊維です。
食物繊維が脂肪の吸収を抑えることによって、コレステロールの吸収も抑えてくれます。

他の成分には、抗酸化作用を持つビタミンEや、不飽和脂肪酸などが挙げられます。

中性脂肪・コレステロールを下げる野菜の一覧

アボカド

アボカドに含まれる成分の多くは、不飽和脂肪酸という成分です。
不飽和脂肪酸には、コレステロール値を下げる働きがあるとされています。

また、カリウムも多く含まれているため、血圧を下げる効果も期待されます。

れんこん

れんこんには食物繊維が多く含まれています。
その食物繊維は90%が不溶性で、コレステロールを下げるだけでなく、血糖値の上昇を抑える働きもあります。

また、れんこんの粘り成分であるムチンは、胃潰瘍などを予防する効果があるとされています。

ししとうがらし

ししとうがらしは、コレステロールの上昇を抑える効果があるとされている食物繊維が豊富です。

また、Βカロテンや、ビタミンEも豊富なため、動脈硬化や心筋梗塞の予防にもなっています。

いちじく

いちじくに含まれる水溶性の食物繊維「ペクチン」が、コレステロールを下げる働きがあるとされています。

昔から薬用としても使われており、胃腸の働きをよくする働きも持っています。

スプラウト

スプラウトは、種から芽が出た直後の野菜です。
栄養を一番蓄えている時期なので、多くのたんぱく質、ビタミンC、ビタミンEなどが含まれています。

これに含まれるビタミンEが、コレステロールを下げる働きがあります。