中性脂肪と脂肪肝の関係って、いったいどのようなものがあるのでしょうか。
中性脂肪が多いと、肝臓に脂肪がたまり、脂肪肝と呼ばれる生活習慣病にかかってしまいます。

脂肪肝は他の病気を引き起こし、命の危険を招くこともあります。
中性脂肪が簡単に増えてしまう分、脂肪肝の恐ろしさは実感しにくいものですよね。

今回は、中性脂肪と脂肪肝の関係について簡単にまとめました。

肝臓に中性脂肪が増えると

肝臓の働きとは

体内の中性脂肪は、肝臓によってコントロールされています。

肝臓でコントロールされる脂肪には、体内から運ばれてくる中性脂肪だけでなく、食べ物からの脂肪や、肝臓自体が生成する脂肪と、様々な種類があります。
いずれにせよ、肝臓の働き次第で、中性脂肪の量は変わってくるというわけです。

もし、肝臓の働きが弱くなってしまうと、処理されない中性脂肪が肝臓に溜まってしまうため、「脂肪肝」が生まれてしまいます。

脂肪肝について

脂肪肝は、肝臓に中性脂肪がたまりすぎて発生してしまう病気です。

食べ過ぎて脂肪の処理が追いつかなくなったり、喫煙や飲酒で肝臓の働きが低下してしまうと発生するとされています。

脂肪肝はそれ自体には基本的に「症状がない」のが特徴で、肝臓が「沈黙の臓器」といわれる所以の1つでもあります。

しかし、中性脂肪によって脂肪肝になり、肝臓の働きがどんどん低下してしまうと、体のバランスはどんどん乱れてしまいます。
最終的には、肝硬変や、肝がんにまで発展してしまうのです。

脂肪肝の原因、対策については、以下の記事に細かくまとめてあります。