悪玉コレステロール高いということがわかっても、現状では特に症状もなく、あまり実感がわかないかもしれません。
でも、コレステロールが高いのを放置していると、それが原因で様々な病気にかかってしまいます。

それでは、実際にはどのような病気にかかるリスクがあるのでしょうか。
簡単にまとめてみました。

悪玉コレステロール値が高いと、脂質異常症になる

脂質異常症は、血管内のコレステロールが多い生活習慣病

悪玉コレステロール値が高いと、脂質異常症、その中でも「高LDLコレステロール血症」という診断がされます。

脂質異常症とは、血液内に中性脂肪やコレステロールが大量にある状態のことを指します。
脂質異常症はメタボの基準のひとつでもあり、それ単体でも動脈硬化を引き起こしてしまう生活習慣病です。

LDLコレステロールの基準値

脂質異常症にはいくつか種類があり、異常値のある成分ごとに診断基準が設定されています。

LDLコレステロールが140mg/dl以上あった場合、脂質異常症と診断されます。
そのため、LDLコレステロールの基準値は「140mg/dl未満」。
この基準値の中に収めていきたいですね。

脂質異常症の診断基準(血清脂質値:空腹時採血)

病名 診断基準
高コレステロール血症 総コレステロール 220mg/dl以上
高LDLコレステロール血症 LDLコレステロール 140mg/dl以上
低HDLコレステロール血症 HDLコレステロール 40mg/dl未満
高トリグリセリド血症 トリグリセリド 150mg/dl以上

LDL(悪玉)コレステロールとHDL(善玉)コレステロールのバランス

悪玉コレステロールに気をつけることはもちろん、善玉コレステロールの量にも注意が必要です。

善玉コレステロールには、悪玉コレステロールを減らしてくれる働きがあります。
しかし、善玉コレステロールが減らせる悪玉コレステロールの数には限界があります。

つまり、善玉コレステロールの対処が間に合わないスピードで悪玉コレステロールが増えてしまうと、悪玉コレステロールはどんどん血管にもはびこってしまいます。
(後で詳しく説明しますが、この血管に溜まった悪玉コレステロールが動脈硬化を引き起こし、さらなる病気をも引き起こしてしまいます。)

そのため、善玉コレステロールの値が低い人は、その分悪玉コレステロールが増えやすい、と考えることができるのですね。
今の時点で悪玉コレステロールが低くても、油断は出来ません。

LDLコレステロールが増えすぎると、動脈硬化の原因に

動脈硬化は、最終的に命に関わる病気につながる

脂質異常症は、それだけでは特に症状はありません。
しかし、体中の血管の中で、動脈硬化という生活習慣病が進行していってしまいます。

動脈硬化は、最終的には脳梗塞や心不全といった重たい病気につながってしまいます。
それらの病気を避けるためにも、脂質異常症の時点で食い止める必要がありますね。

なぜ悪玉コレステロールが動脈硬化につながるのか?

それでは、なぜ悪玉コレステロールが動脈硬化につながってしまうのでしょうか。

原因は、オキシステロールとも言う、酸化LDLに原因があります。
酸化LDLは、文字通りLDLコレステロール、つまり悪玉コレステロールが酸化したものです。

この酸化LDLは、血管に炎症を起こし、血管を傷つけて負担を与えます。
そのため、動脈硬化の発生と、より一層の悪化を招いてしまうのです。