LDLコレステロール高い原因を、あなたは自覚していますか?

悪玉コレステロールは、体への悪影響が大きい割に、日々の些細な生活習慣で簡単に増えていってしまいます。
今回は、そのようなLDLコレステロールが高くなってしまう原因についてまとめました。

LDLコレステロールが高い原因

悪玉コレステロールが高い原因は、第一に食事にあります

アブラっぽい食べ物ばかり食べていたり、野菜不足はNG

LDLコレステロールが高い一番の原因は、やはりアブラの多い食事にあります。

脂質が体内に吸収されると、やがて体内で分解され、アセチルCoAが生成されます。
そのため、脂質を摂り過ぎると、体内に大量のアセチルCoAが出来て、これが肝臓内で大量のコレステロールになってしまいます。

脂質の摂り過ぎには注意が必要です。

また、体の調子を整えてくれるビタミン、ミネラルが不足していることも、LDLコレステロールが高い原因となりえます。
具体的には野菜不足などがあげられますね。

食生活の変化によって、コレステロールを多く摂取するように

日本人が食べる食材が変化したことも、LDLコレステロールが体内に増えるようになった原因です。

以前日本では、米や麦などの穀類や魚、野菜を中心とした食材が食卓に並んでいました。
しかし現在では、肉やバターなどの動物性脂肪を多く摂る欧米流の食事が主流になっています。

動物性脂肪にはコレステロール多く含まれているので、体内のLDLコレステロールの増加につながっています。

肥満はコレステロールの合成を促す

太っていることは、それだけでLDLコレステロールが増えてしまう原因になります。

肥満になると、体内には大量の「脂肪細胞」が出来ます。
脂肪細胞からは、脂肪酸が放出され、そこからアセチルCoAが生成されます。

つまり、肥満の人は大量のアセチルCoAが生成されるために、それを元に肝臓でコレステロールが増えてしまうということになります。

また肥満はLDLコレステロールの増加以外にも、高血圧や高血糖の原因にもなります。
肥満には注意しないとなりません。

遺伝|家族性高コレステロール血症

遺伝的に、血液中にLDLコレステロールが多いもいます。
このような症状を、家族性高コレステロール血症と言います。

家族性高コレステロール血症の人は、LDL受容体という物質が遺伝的に少ないです。
LDL受容体とは、血液中のLDLコレステロールを細胞内に取り込む物質。

このLDL受容体が少ないと、血液中のLDLコレステロールが細胞内に取り込まれず、血液中にどんどんたまってしまいます。
そのため、血液検査でLDLコレステロールの値がとても高くなってしまいます。

家族性高コレステロール血症について詳しく知りたい人は、こちら

コレステロールの作られ方

最後に、コレステロールがどのように作られるのかについて触れておきます。

まず、コレステロールが作られる方法には2通りあります。

1つは肝臓による生成で、1日のコレステロール生成量の約8割を占めます。

肝臓では、アセチルCoA(コエンザイムA)という物質を材料にして、コレステロールが作られています。
この物質、コレステロールがなぜ増えるのか?の説明で出てきますので、ちょっと覚えておいてくださいね。

もう1つは食事によるコレステロールの摂取で、残りの約2割を補っています。

食べ物に含まれるコレステロールが小腸で吸収されると、肝臓に取り込まれます。

コレステロールの多くは肝臓で作られていますので、単にコレステロールの多い食品を控えるだけでは問題解決になりませんね。