多くの人にとって「コレステロール」や「中性脂肪」は、「なんとなくどちらも体に悪い」くらいの認識かもしれません。

確かにコレステロールと中性脂肪は、どちらも体内に増えすぎると体に悪影響を与える物質です。

しかし、コレステロールと中性脂肪には作られ方や本来の役割に違いがあります。
また、増えすぎたときに体に与える悪影響の内容にも、少し違いがあります。

コレステロールと中性脂肪の違いについてまとめた以下の表を見てください。

コレステロール 中性脂肪
原料 食品に含まれるコレステロール 脂質や糖質
作られ方 食事による摂取・肝臓での合成
役割 細胞膜やホルモンなどの材料 エネルギーの貯蔵庫
体温保持、内臓保護
体に及ぼす悪影響 動脈硬化

この記事では、表の内容について詳しく書いていきます。

コレステロールと中性脂肪が体に与える影響を比べてみると

コレステロールも中性脂肪も、食べ過ぎと運動不足が原因で体内に蓄積していきます。
体内に蓄積すると、どちらの物質も人体にとって悪い影響を及ぼします。

しかしその悪い影響の内容は、2つの物質の間で少し違います。

コレステロールがたまると・・・

コレステロールには、悪玉コレステロールと善玉コレステロールの2つの種類があります。

悪玉コレステロールは血管を通って、体のいろいろな所へコレステロールを届けます。
一方善玉コレステロールは、余ったコレステロールを回収しています。

なので悪玉コレステロールが増えて、善玉コレステロールが減ると、コレステロールは血管に溜まってしまうことになります。コレステロールが血管に溜まると血管が硬くもろくなって、動脈硬化という状態になります。

そして動脈硬化は血流の流れを悪くしてしまい、心臓や脳の病気を発症する原因にもなります。

中性脂肪が増えると善玉コレステロールは減ってしまう

中性脂肪が増えると善玉コレステロールが減る、という関係性があります。
そのため中性脂肪の増加は、間接的にコレステロールの血管内での増加を促すことにつながります。

上に書いたように、コレステロールの増加は動脈硬化の原因になります。
つまり、中性脂肪の増加は動脈硬化につながるのです。

また中性脂肪が蓄えられて内臓脂肪が増えすぎると、他の症状を併発するリスクが出てしまいます。

内臓脂肪がつきすぎると、血糖値や血圧が上がる原因になります。
血糖値や血圧が上がった後に放置してしまうと、糖尿病や高血圧になるリスクが高くなります。

コレステロールと中性脂肪は、どちらも動脈硬化の原因に

コレステロールと中性脂肪の悪影響として共通しているのは、どちらも動脈硬化につながるという点です。

動脈硬化は心臓や脳などの病気の原因になり、死につながる危険性もあります。
だから、コレステロールと中性脂肪はどちらか片方ではなくどちらも注意することが重要です。

コレステロールと中性脂肪の作られ方の違い

コレステロール

コレステロールは肉類や卵の他に、牛乳などの乳製品を食べることで摂取できます。

また肝臓でも合成されていて、食事によってコレステロールを摂取しすぎてしまった場合は、肝臓での合成量を減らすことで調整しています。

しかし食べ過ぎや運動不足が続くと、この調整力が低下してどんどんコレステロールがたまるようになってしまいます。

中性脂肪

中性脂肪は、食べ物の脂質から作られると同時に、炭水化物などに含まれる糖質からも作られます。

口から摂取された糖質は、ブドウ糖という物質に分解され、必要な分だけがエネルギーとして使われます。

では、残った糖質はどうなるのでしょうか。

実はこの残った糖質こそが、中性脂肪として体内に蓄えられるのです。
そして人間の体がエネルギー不足になったときに、この中性脂肪からエネルギーを補充します。

ところが、運動をしないと中性脂肪は使われませんので、どんどんたまっていってしまいますね
これが、中性脂肪が体に悪さをする第一歩となります。

また、中性脂肪は食べ物からだけでなく、肝臓でも作られます。
肝臓で作られた中性脂肪は、食べ物によるものと同じく、体内に蓄積されます。

コレステロールと中性脂肪は、運動不足と食べ過ぎで溜まっていく

コレステロールと中性脂肪の作られ方の違いは、その原料です。

コレステロールは、コレステロールが含まれる食品をもとにして作られます。
しかし中性脂肪は、脂質だけでなく糖質からも作られます。

そしてコレステロールと中性脂肪の作られ方の共通点は、2つあります。

まず1つ目は、どちらも肝臓で合成されるということ。
なのでコレステロールと中性脂肪に気を付けるときは、肝臓の機能にも注意しましょう。

そして2つ目は、どちらも食べ過ぎと運動不足で体に過剰に溜まっていってしまうということ。
これを放っておくと、体に悪い影響が出てしまいます。

コレステロールと中性脂肪の役割の違い

コレステロール

コレステロールの役割は、体内のいろいろな物質の材料になることです。

その一つに、細胞膜が挙げられます。
細胞膜は細胞を包む膜です。

なのでコレステロールが不足すると細胞が壊れやすくなってしまいます。

また体内のいろいろな場所に指令を出すホルモンの材料も、コレステロールです。
さらにコレステロールは、脳の材料にもなります。

以上のことから、コレステロールが不足すると人間の体は成り立たないことが分かりますね。

中性脂肪

中性脂肪の役割は、3つあります。
それは、

  • エネルギーを蓄える
  • 体温を一定に保つ
  • 内臓を保護する

の3点です。

体内に糖質が吸収されると、必要な分だけ使われ、残りは中性脂肪として蓄えられます。
蓄えられた中性脂肪の役割は、体内のエネルギーが足りなくなった時に使われること。
そのため中性脂肪が極端に少ない人は、元気が無くなったり体が衰えたりしてしまいます。

ところで、中性脂肪は、皮膚の下と内臓の周りに蓄えられます。

皮膚の下の脂肪は皮下脂肪、内臓の周りの脂肪は内臓脂肪と呼ばれています。

皮下脂肪に蓄えられた中性脂肪には、体温を一定に保つ役割があります。
皮下脂肪が断熱材となることで、体温が外に逃げないようにしています。

一方、内臓脂肪として蓄えられた中性脂肪の役割は、内臓を守ることです。
内臓脂肪がクッションとなることで、内臓を衝撃から守っています。

このように、中性脂肪は大切な役割を果たしています。
中性脂肪 = 悪 のように捉えている人もいるかと思いますが、実は健康に過ごすためには必要な物質なのです。

コレステロールは体内の物質の材料に、中性脂肪はそれ自体が効果を発揮する

コレステロールと中性脂肪の役割の違いは、材料か本体かという違いです。

コレステロールの役割は、細胞膜やホルモンなど、体内の様々な物質の材料となることです。
一方で中性脂肪はそれ自体がエネルギー源になったり、保温や内臓保護の効果を持ったりしています。

しかしどちらも、人間の活動にとって欠かせない物質です。