血糖値が高い」と言われ、「どんな症状が出るのか」不安に思ったことはありませんか。
血糖値が異常に高いと、めまい等の症状が出て最悪失明してしまいます。

そうならないためにも、身体に悪影響のない正常な血糖値を維持できると良いですね。

血糖値はどんなものか、その正常値・症状・下げる方法をまとめました。

血糖値とは?

血糖値って何?

血糖値の糖とはブドウ糖のこと。
ブドウ糖は炭水化物等に多く含まれます。
ブドウ糖の役割は、筋肉や脳を動かすためのエネルギー源です。

そして、ブドウ糖が血液中にどの程度含まれているかを血糖値と呼んでいます。
血糖値は高すぎると失明してしまう危険性もあります。
健康な生活を送るために、この正常値を維持することをこころがけたいですね。

血糖値を下げるホルモン、インスリン

炭水化物を摂取すると、血糖が増え血糖値は上昇します。
この時、血糖値が高くなりすぎないようインスリンというホルモンが分泌されます。
インスリンはすい臓から放出されるものです。

このインスリンは血糖値を下げる働きを持つ唯一のホルモンでとても重要です。

血糖値が上がるメカニズム

血糖値を下げるホルモンがあるのに、何故血糖値は上がってしまうのでしょうか?

何らかの理由でインスリンが効きにくくなってしまうことがあります。
この状況はインスリン抵抗性と呼ばれ、その理由はまだしっかり解明されていません。

インスリン抵抗性になると、インスリン以外に血糖値を下げるものがないためうまく血糖値は下がりません。
そのため、時間が経っても血糖値が下がらず、高いままになってしまうのです。

血糖値の正常値はどのぐらい?どうやって測るの?

そもそも、血糖値の診断はどうやって行われるのでしょうか。
血糖値は空腹時血糖という状態で測ります。
空腹時血糖とは、前日の夕食から10時間以上絶食し翌朝に図った血糖値のことを指します。

検査する施設等によって数値が少し異なることもありますが、この空腹時血糖が80~110mg/dlだと正常と判断されます。

血糖値が高いとどうなるの?

血糖値が高い時の症状

血糖値が高い状態を高血糖といいます。
高血糖になると、異様に喉が渇いたり頻尿になってしまったりといった症状に悩まされます。

高血糖が失明を起こすかも

高血糖の状態が続くと、多くなったブドウ糖が血管の内側の壁にくっついてしまいます。
血管の内側の壁にはたんぱく質が含まれており、たんぱく質とブドウ糖が結合すると活性酸素というものを産みます。
この活性酸素は血管壁に異常を起こしてしまう作用を持っています。

すると血液中の成分がこの異常を修復しようとするのですが、血管内の一部に成分が集中することで血管内を細くしてしまいます。
血液の流れが悪くなると、様々な症状がおきてしまいます。
その症状には糖尿病も含まれ、失明といった症状にもつながります。

血糖値をさげる方法

食べ物による血糖値コントロール

血糖値を上げる最大の要因は食事です。
脂質の多い物を食べると血糖値は上がります。
特に、動物性脂肪は悪玉コレステロールを増やし動脈硬化も進めてしまします。

食べるなら、脂肪分の少ない肉にしたり野菜やキノコ等の食物繊維やビタミンを多く含んだ低カロリーのものと合わせると良いですね。
脂質の多い物を食べる前後の食事を脂質の少ないメニューにするなどの方法も効果的です。

朝食を食べないと、身体がエネルギーや脂肪を貯めこみやすくなってしまいます。
しっかりと朝食はとりましょう。

運動による血糖値コントロール

血液の中に含まれるブドウ糖の濃度を血糖値といい、ブドウ糖は脳や筋肉のエネルギー源です。
運動をすると、このブドウ糖はエネルギーとして消費されます
血液中のブドウ糖の量は減り、血糖値は下がっていくのです。

運動によって血糖値を下げることは、インスリンの節約になったり体内の脂肪を燃やしやすくなったりいいことが多いです。
例えば、ウォーキングを始めたり一駅前で降りて歩いてみたりといった軽い運動を生活に挟むと良いでしょう。