皆さん、ストレス血糖値は密接な関係があるって知っていますか?

現代社会ではストレスという言葉が、実に多く聞かれるようになってきましたよね。
人間関係や仕事上のプレッシャーなど、考え出したらいたるところにそのストレスの原因は落ちています。

私も日常生活でストレスが溜まっていってしまう事があります。
些細な事の方が余計にストレスを感じてしまったりするんですよね・・・。

そんな日常に多く存在するストレス、実は血糖値を上げてしまっているんです。
今回は、そんなストレスで変化する血糖値についてお話していこうかと思います。

過食だけじゃない!血糖値が上昇する理由

まず、ストレスが血糖値に影響する理由として様々なホルモンが関係しています。

人間の体には多くのホルモンがあります。
その中で血糖値を下げる働きを持つホルモンは「インスリン」だけです。

逆に、インスリン以外のホルモンはどれも血糖値を上昇させる働きをもっているんですね。

というのも、ストレスのある状態から身を守るためには、頭脳を働かせ、神経を張りつめ、全身の筋肉を最大限に働かせる必要があります。

その活動のエネルギー源となるのが「ブドウ糖」なのです。
そのため、ストレスがかかるとさまざまなホルモンが血液中のブドウ糖を増加させるように働きます。

その結果として、血糖値の上昇が起きるのです。

血糖値の上昇というと、まず過食が原因と思いますよね。
でも実は食事だけではないんです。

食べなくたって血糖値は上がる可能性があるという事です。

ということで、このような些細なストレスも血糖値を上昇させるという事を知っておいてくださいね。

もちろんストレス要因が長引くと、食生活の乱れなどから糖尿病リスクは高まります。
ストレスで糖尿病になってしまったなんてことにならないように、しっかりとした自己管理を行いましょうね。

知っておこう!糖尿病の危険性

ストレスによって血糖値が下がりにくくなると、腎臓が糖を排出しようとします。
その結果、多尿や頻尿など発生してくるんです。

よく、糖尿病になると異常な喉の渇きが出てくると言いますよね。
どれくらいの程度で糖尿病の症状に当てはまるかというと、一口、二口では満足できず、がぶがぶと大量の飲み物を飲むくらいです。

しかもこれでも喉の渇きは収まらないんですね。

もちろんこれも、多尿や頻尿の理由になります。

さらに、糖尿病になるとインスリンの働きが鈍り、血糖値は高いのにその糖をエネルギーに置き換えることができなくなります。
その結果、疲労感や倦怠感に襲われるのです。

最悪の結果、糖尿病性網膜症といって失明リスクのある症状が出ることもあります。

早めに血糖値をコントロールし、糖尿病を未然に防ぎましょう。

ただ、もちろん糖尿病を軽視するのは良くないのですが、逆に気にしすぎるまでのことでもありません。
それがストレスの原因になってしまうかもしれませんしね。

糖尿病は、食事・運動、さらにはいろいろな薬を使って血糖コントロールをします。
そのおかげで健康な人と同じように日常生活を送りながら、合併症などを抑えてくれるのです。

そんなストレスを解消する方法は?

では、そんなストレスを解消するにはどうしたらいいのでしょうか。

私が紹介するのは「気分が安らぐ入浴法」です。

寝る2~3時間前に38度程度のお湯に20~30分程度浸かりましょう。
体をリラックスモードにする副交感神経の働きを活発にすることで、良い睡眠にも繋がりますよ。

お風呂で、気持ちをリラックスさせてうまくストレスを解消していきましょう!