血糖値を下げる食材の成分

血糖値を下げる働きを持つ成分には、ムチンとイヌリンが挙げられます。

ムチンは水溶性食物繊維の一種で、いわゆるネバネバ成分のことを指します。
イヌリンも水溶性食物繊維ですが、血糖値を下げるだけでなく、コレステロールを体外に排出する働きも持っています。

今回は、そのような血糖値を下げる働きを持つ成分を含む食材をまとめました。

血糖値を下げる食材の一覧

オクラ

オクラのネバネバ成分であるムチンが、血糖値を下げる効果があると期待されています。

その他にも、β−カロテンやビタミンEなどの栄養素も豊富で、バランスの良い食材です。

ごぼう

ごぼうは、とにかく食物繊維が豊富なことが特徴です。

特に、ごぼうに含まれる水溶性食物繊維、イヌリンは要注目です。
イヌリンは、血糖値の急激な上昇を抑えたり、コレステロールを体外に排出する働きがあったりと、生活習慣病に満遍なく効果のある成分として、注目を集めています。

食物繊維を含む食材全般

高血糖は、糖の吸収が過剰になってしまい、血中に糖が余ってしまうことから始まります。
この状況を改善するには、まず吸収する糖の量を減らすこと、これが重要です。

これは、炭水化物を食べる前に食物繊維、つまり野菜を摂ることで改善できます。
つまり、日々の食事で、野菜を主食の前に食べることが血糖値の上昇を抑えることに繋がるのです。

こうすることによって、食物繊維が先に胃に入り、炭水化物を包み込むことによって、余計な炭水化物の消化を防ぐことが出来ます。

そういった意味では、ほとんどの野菜が血糖値が気になる人には重要だと言えますね。
血圧を下げたいならば、まずは野菜中心の食生活を心がけてみましょう。