健康診断を受けた際、アルファベットばかりでそれぞれが何を意味しているのか分からないなんて経験はないでしょうか。
特に血糖値は、専門的な用語が多くて混乱してしまいますよね。

そこで、今回は血糖値の基準値を始め、血糖値に関わる検査項目を整理してみました。
検査結果をしっかり把握して健康になりましょう。

mission1 : 尿糖検査や血糖値検査はどんな手順なのかを知ろう

血糖値を測定するとき、どのような数値を基準にするのでしょうか。

健康診断では通常、血液検査や尿検査が行われます
血液検査では血糖が、尿検査では尿糖が出ているかが調べられます。

血液検査の結果(ヘモグロビンh1c・空腹時血糖)が基準値を超えていた場合はブドウ糖負荷試験に進み、再検査をすることが多いようです。

ヘモグロビンh1c・空腹時血糖等の専門用語や、それらの正常値は以下で説明していきます。

血糖値の基準値

血糖値の基準値を表にしてみました。
自分の血液検査や尿糖検査の数値と比べてみましょう。

基準値(通常の人) 糖尿病の人
尿糖検査 陰性(-)、もしくは尿糖の量が一日1g以内
空腹時
血糖
109mg/dl以下 126mg/dl以上
ヘモグロビンa1c 5.4%未満 6.5%以上
ブドウ糖
負荷試験
30分後には血糖値が降下、2時間後には元に戻る 最高値を迎えるのが30分より遅い、その最高値が140mg/dlを超える等

尿糖検査とは?その正常値はどのぐらい?

Fotolia_69971092_XS

尿糖とは、尿中に漏れ出たブドウ糖のことです

普段、尿中に排出されるブドウ糖の量はとても少ないです。
しかし、糖尿病などでブドウ糖の量が限度を超えると分解などの処理が間に合わず、尿中に流れ出してしまいます。

尿糖検査は、尿に糖がどれぐらいでているかで血糖値を把握しようとするものです。
尿糖が出たからといって必ず糖尿病というわけではなく、尿糖が出なくても糖尿病という人もいます。

尿糖だけで糖尿病かどうかの判断ができるわけではありません。
定性検査という検査方法なら、陰性(-)を示せば正常、定量検査という方法なら尿糖の量が一日1g以内であれば正常です。

空腹時血糖って何?基準値はどのぐらい?

Fotolia_44375796_XS

健康診断の血液検査では、空腹時血糖を調べます。

空腹時血糖は、検査前日の夕方頃から絶食し翌朝の空腹時に検査するものです。
血糖値が最も低い時間帯の血糖濃度を測ることになります。
糖尿病予備軍や軽い糖尿病の人は空腹時血糖値が正常な場合があり、正確な判断のためにはブドウ糖負荷試験が必要です。

糖尿病でない人の空腹時血糖の基準値は109mg/dl以下
空腹時血糖の値が126mg/dl以上の人は糖尿病と診断されます。
糖尿病が進むと、空腹時血糖は段々と上がっていってしまいます。

ヘモグロビンa1cから何が分かるの?どんな数値が正常?

空腹時血糖と同じく血液検査で調べる項目にヘモグロビンa1c(エー・ワン・シー)があります

ヘモグロビンa1cには、Hba1cやグリコヘモグロビン、ヘモグロビンA1C等、色々な呼び方があります。
この数値からは、1~2カ月前の血糖値の平均が分かります。

ヘモグロビンa1cは検査前の運動・食事の影響を受けることがありません。
そのため、ヘモグロビンa1cは健康な人は低く・そうでない人は高く示されます。

健康な人はヘモグロビンa1c値が5.4%未満となり、糖尿病の人は6.5%を超えてしまいます
わかりやすい高血糖の基準になりそうですね。

ブドウ糖負荷試験ってどんなもの?正常な結果は?

健康診断で血液検査を受け、上で書いた空腹時血糖やヘモグロビンa1cで基準値を満たせない場合はブドウ糖負荷試験に進みます。

ブドウ糖負荷試験(OGTT)は、自覚症状の少ない糖尿病を正確に診断できる検査です。
75gのブドウ糖が含まれた液体を飲み、その後どのように血糖値が変わっていくかを調べるものです。

糖尿病でない人は、飲んだ後30分後に最高値を迎え緩やかに下がっていきます。
2時間も経つと、検査前の血糖値に戻るはず。

糖尿病である人は、最高値を迎えるのが30分より遅くなったりその最高値が140mg/dlを超えたりしてしまいます。
2時間たっても血糖値が戻らない人も糖尿病の疑いがありますね。