血糖値を下げるのに、知っておきたい大切なお話

健康診断で「高血糖」と一言診断されると、色んな不安が生まれてしまうのではないでしょうか。
血糖値とはどんなもので、高いと何が悪いのか。
上げてしまった原因は何なのか、どうやったら血糖値は下がるのか・・・

何から調べればいいか分からない・・・

そんな人のために、血糖値についてまとめました。
1つずつ理解して、健康診断が楽しみになるような健康体を目指しましょう!

血糖値とは

血液中にどれぐらいブドウ糖が含まれているかを血糖値と呼びます

ブドウ糖のは、筋肉や脳を動かすためのエネルギー源です。

私たちが炭水化物などをとった時に、インスリンが血糖値を下げてくれます。
ですが、何らかの理由でインスリンが効きにくくなってしまうと、血糖値が高いままになってしまいます。

血糖値が高いままだと、最悪の場合、失明する可能性もあります。

高血糖の基準値は?

空腹時の血糖値が、110mg/dL以上だと「高血糖」、126mg/dl以上の人は「糖尿病」と診断されます。

注意したいのは「糖尿病」にはなっていない「高血糖」の場合。
病気ではないので、ついつい放置しがちなのですが ・・・ 何も対策せずに放っておくと、血糖値は上昇し、やがて糖尿病になってしまいます。

血糖値の検査データには十分に注意してくださいね。

血糖値が高いとなぜ悪い

血糖値を放っておくと、やがて糖尿病が発症します。

糖尿病になると、頻尿や体の怠さといったものから失明・昏倒といったものまで様々な症状が出てしまいます。
また、合併症を引き起こす危険もあります。

以下の記事では、高血糖が続いたときの症状や合併症について詳しくまとめました。

インスリン抵抗性について

血糖値はインスリンというホルモンによってコントロールされています。
高血糖の状態が続くとインスリンの働きが悪くなることがあり、この状態をインスリン抵抗性と呼びます。
インスリン抵抗性になるとブドウ糖が血液中に残りやすくなり、更に高血糖になりやすくなってしまうのです。

以下の記事では、インスリン抵抗性について詳しくまとめました。


糖尿病・糖尿病予備軍

糖尿病予備軍とは、糖尿病ではないけれど血糖値が高い人のことです。
糖尿病予備軍の段階では自覚症状が無いことが多いので、多少血糖値が高くてもついつい油断してしまうもの。

ですが、この段階で、食事や運動で上手に血糖値をコントロールすれば、糖尿病になるのを防ぐことが出来るのです。


高血糖の原因は

血糖値を下げるためにはまず原因を探ることが大事です。

実際、何が引き金になって血糖値を上げてしまっているのでしょうか。

例えば、血糖値を下げるホルモンが上手く出ていないことや肥満、遺伝等が原因となっていることがあります。

以下の記事では、高血糖になってしまう原因について詳しくまとめました。

血糖値を下げる方法とは

健康診断で「血糖値が高い」と突然言われても、一体何からやったらいいのか途方に暮れてしまったことはありませんか?
この記事では、血糖値を下げる6つの方法についてまとめました。

6つの中から、やりやすいと思った方法をまずやってみては如何でしょうか。

和食を食べたり、魚・野菜を取り入れたり

鮭定食

過食をしないことが大事です。
あっさりとしたものが多い和食を食べると自然にカロリー制限が出来ます。
和食で腹八分目ぐらいに抑えることがおススメです。

肉等に含まれる動物性脂肪は糖尿病の原因となるので、食べる回数を減らしましょう。
肉の代わりに魚を食べることも良いです。

また、肉や魚は部位や種類によってカロリーが大きく変わるので注意しましょう。
肉を無理に我慢するのでなく、その前後のメニューを調節することも一つの方法です。

植物性たんぱく質の宝庫である大豆・大豆製品や野菜を多く取り入れるようにしましょう。
野菜は一日に350g(ジャガイモ3.5個程度)取るのが理想です。

肥満を解消しましょう

肥満になると、血糖値は上がりやすくなってしまいます。
お腹周りが気になったら、高血糖のサインである場合もあります。
自分の適正体重を知り、肥満を解消しましょう。

急なダイエットはリバウンドの危険も、おススメ出来ません。
また、朝食を抜くダイエットも良くないのでやめましょう。

アルコールとの付き合い方

アルコールは血糖値を上昇させることはもちろん、酔うことで食事をケアする意識を失わせることにもつながります。
適量を守って、肝臓を休めるためにも週二日の休肝日を設けつつ飲みましょう。

日本酒一合・ビール中ビン一本程度が適量です。
飲みすぎてしまう人は、水を飲んだりゆっくりと飲むようにしたりすると良いです。

運動をしましょう

運動はブドウ糖をエネルギーとして使うため、血糖値を下げます。

ウォーキング等の有酸運動や、ストレッチを気持ちの良い範囲で行うと良いです。
急な運動はケガを引き起こしてしまうので、整理運動などはしっかりやりましょう。

ストレスを解消しましょう

ストレスはホルモンの分泌や血糖コントロールを乱してしまいます。
自分なりの方法を見つけ、ストレスを解消しましょう。

しっかりと休養を取ったり、自然と触れ合ったり、カラオケをしてみたり。
ちょっとした気分転換をすることが良いです。

生活習慣の改善も効果あり

生活習慣が悪化すると、暴飲暴食・たばこ等の不健康な習慣を招いてしまいます。
暴飲暴食は血糖値を上げたり、脂肪を蓄えさせたりしてしまいます。
たばこは、血管障害の合併症を引き起こすので直ぐ禁煙しましょう。
生活の中で3つ気になるところを挙げ、直していくと良いです。

高血糖に良いサプリメントや飲み物の話

Fotolia_44371396_XS

サプリメントも、高血糖改善の方法の一つとしてあげられます。

トクホという名称で有名な特定保健用食品や、機能性表示食品に認定されている食品、サプリメントや飲み物なら、正しく使えば高血糖を改善するのサポートしてくれます。

しかし、基本はあくまでも食事と運動です。
サプリメント・飲み物だけで高血糖が治ることはありません。

食生活の改善や、適度な運動を行いつつ、普段の食事で摂れない分を補うものだということを忘れないでくださいね。

ページの先頭へ

サイトマップ  運営者情報