油っぽい食べ物だと、私たちにはエネルギーが多すぎる

エネルギーの摂りすぎ?食生活を見直してみましょう

ぽっこりお腹の原因は、その人の食生活に主な原因があります。

最近、高カロリーな食事を摂ることが増えてきていませんか?
コンビニやファーストフード店で、安いコストで食事を済ませてしまうことも多いと思います。
外食やお惣菜は、できるだけ美味しく感じるように、油や塩分の多い味付けをしていることがほとんどです。

そのようなものを多く食べる食生活では、食べたもののエネルギーを体の中で消費しきれません。
結果として、余ったエネルギーは内臓脂肪として溜まっていってしまうのです。

学校などで「早く、沢山食べる」ということを言われた人もいると思います。
しかし、昨今の日本の食事情において、それはいささか時代遅れであると言えます。
現に、子供達が通常の食事にファーストフードや大量のお菓子を食べるようになったことで、「子供のメタボ」という問題も発生するようになってしまいました。

今の日本では早く、沢山食べなくても十分なエネルギーを取ることが出来るようになってきています。
今私たちが気をつけなければならないことは、「食べ過ぎないこと」、「ゆっくり食べること」なのです。

贅沢な悩みのように思えますが、自身の健康を保つために、心がけるようにしてみましょう。

食事の栄養バランスにもぽっこりお腹の原因が?

また、全般的な食事の量やスピードだけでなく、食事の内容にも原因が潜んでいます。

わかりやすいのが、お肉や揚げ物などの油っぽい食事です。
当たり前ですが、油っぽい食べ物を多く摂っていると脂肪は増えていきます。

また、体内で脂肪の吸収を抑えたり、分解を助けてくれるための様々なビタミン、ミネラルが不足しているのも問題です。
ビタミン、ミネラルの不足は内臓脂肪の増加に歯止めが効かない状態を招いてしまいます。

ビタミン、ミネラルは野菜に多く含まれています。
そのため、野菜が不足している食生活も、同様にぽっこりお腹になってしまうのです。

生活の中でエネルギーを消費しきれないのも内臓脂肪の原因

運動不足だと、食べた分がそのまま脂肪になってしまう

また、取り入れたエネルギーを消費しきれないと、余った分はそのまま脂肪になってしまいます。

そのため、日頃ほとんど運動をしない生活が続いていると、食べた分だけ脂肪が増えていってしまうのです。
ある意味、運動不足はぽっこりお腹の直接的な原因とも言えますね。

仕事続きで、そんな運動なんてやる余裕がない!という人もいるかと思います。
しかし、内臓脂肪は「増えやすく、減らしやすい」のが特徴です。

これは内臓脂肪の減らし方の記事でしっかり書きますが、内臓脂肪を減らすために必要な運動量は、決して多いわけではありません。
ハードな運動より、毎日少しづつでも続けていくことが大切とされています。

生活習慣ひとつでぽっこりお腹に

タバコや飲酒も脂肪を増やします

お酒の飲み過ぎもぽっこりお腹の原因になります。
お酒のエネルギー量は以外と高いものです。
更に、お酒のおつまみとなるようなものは、味が濃かったり油っぽいものが多くありませんか?

お酒とおつまみを交互に食べていると、結果としてものすごい量のカロリーを摂取していることもあるんですよ。

また、タバコを吸うと、血液中に中性脂肪の元である遊離脂肪酸が増えてしまいます。
これも、内臓脂肪が増える原因の一つになります。
その他、喫煙は悪玉コレステロールを増やしたり、血圧を上げたりなど、様々な悪影響を及ぼしてしまいます。

夜型の生活や睡眠不足は、ストレスや余計な食欲を生んでしまいます

変えていくのは難しいことかもしれませんが、夜型の生活をはじめ、睡眠不足やストレスも脂肪を増やす原因となります。

内臓脂肪を始め、脂肪というものは夜に作られます。

そのような夜に夜食や遅い夕食を食べてしまっていると、エネルギーの代謝が追いつきません。
代謝で消化しきれなかったエネルギーはそのまま脂肪になってしまうわけですね。

睡眠不足も同様に、過剰な食事や代謝の不具合を招いてしまいます。
また、睡眠不足で気をつけたいのは、本人が気付いていなくとも、ストレスを溜めてしまうという点です。

ストレスを溜めてしまっていると、副交感神経の働きによって、より多く食べてしまったり、ヤケ酒ということで沢山お酒を飲んでしまうことがわかってきました。
まずはしっかりと睡眠をとり、夜型の生活やストレスと向き合っていく必要があるのです。

日本人は太りやすい?遺伝の話

最後に、日本人の遺伝子の話をしようと思います。

そもそも遺伝子には、体が太りやすくなる「肥満遺伝子」というものがあります。
肥満遺伝子には種類があり、特に日本人に多いとされているのが、脂肪を溜め込みやすい「倹約遺伝子(または飢餓遺伝子)」と呼ばれているものです。

戦前は、日本人の食生活の中心は野菜や魚、お米が中心でした。
しかし、現代になってから、海外の食生活の流入などで、パンやお肉を食べるようになってきています。

このような全国的な食生活の変化に加え、もともと持っていた倹約遺伝子の力によって、最近になってますますメタボリックシンドロームが問題となってきているのでしょう。

しかし、この遺伝子は決して克服できない壁ではありません。
戦前の食事をしろというわけではありませんが、多少なりとも食生活を見直していくことが大切ですね。