内臓脂肪レベルが自分の体にどれくらいあるのか、気になりますよね。
内臓脂肪は病院でCT検査を受けることによってその量を測るのが一般的でしたが、最近では家庭で内臓脂肪を測れる体重計も登場してきました。
それで、より簡単に内臓脂肪レベルが分かるようになってきました。

内臓脂肪は、よく「普通預金」と言われています。(皮下脂肪は「定期預金」)
皮下脂肪に比べて溜めやすく、落としやすいのが特徴です。
自分の内臓脂肪度をしっかり把握して、内蔵脂肪を減らしていきましょう!

内臓脂肪レベルとは?

体脂肪レベルは体重計で測れる内臓脂肪型肥満のレベルです

内臓脂肪レベルは簡単に言うと「内臓脂肪型肥満の危険度」の基準です。
これを把握しておくと、自分が今どれくらい危険な状態にいるのか、また、逆に後どれくらい内臓脂肪を燃焼しなければならないのか、ということを把握できます。

病院で腹部CT検査を行うことが、体内の内臓脂肪の量を正確に測ることができる方法として知られています。
ただ、わざわざ病院に行って、お腹の断面図の写真を撮るというのは正直億劫な人も多いと思います。

しかし、最近では、タニタ社やオムロン社から、家庭でも内臓脂肪のおおよその量を測ることができる体重計が販売されるようになってきました。
この体重計の登場によって、家庭でも毎日自分の健康状態を把握できるようになったのです。

この体重計で表示される内臓脂肪型肥満の危険度の度合いが、「内臓脂肪レベル」というわけです。

内臓脂肪レベルの基準は?

内臓脂肪型肥満というのは、へその位置で内臓脂肪の面積(断面積)が「100cm²」以上ある状態のことを指します。
本来ならCT検査で測るものですが、体重計会社による内臓脂肪レベルに換算すると、大体以下のようになります。

「内臓脂肪レベルの数値の基準」

  • 標準:1~9
  • やや高い:10~14
  • 高い:15~30

内臓脂肪の平均は男女や年齢によって異なります。
そのため、各会社の体重計の説明書などをよく読んでおきましょう。

体脂肪率と内臓脂肪は関係あるの?

体の脂肪の話となると、体脂肪率を思い浮かべる人もいると思います。

体脂肪率とは、そのまま「体の何パーセントが脂肪で出来ているか」を表す数値です。
ただ、体脂肪率は、内臓脂肪だけでなく皮下脂肪も計算に入れてしまいます。

皮下脂肪は内臓脂肪とは異なり、皮膚の下に溜まり、主に太ももなどに多くつく脂肪です。
皮下脂肪もあって良いわけではありませんが、メタボや生活習慣病の観点からするとほとんど害はありません。

そのため、体脂肪率は、メタボに悩んでいる、内臓脂肪だけの数値を知りたい人には不十分なものだと認識しておきましょう。

それでも気になるという人向けに、簡単に体脂肪率の基準をまとめました。
よかったら参考にしてみて下さい。

「体脂肪率の基準値」

  軽度肥満 中度肥満 重度肥満
男性 20% 25% 30%
女性 25% 30% 35%

大体の平均値は、男性が10〜19%、女性は20〜29%とされています。

また、体脂肪率は水分を取るなどすると簡単に変動してしまいます。
できるだけ正確な数値を得るためにも、体脂肪率を計るのは食後数時間経ってからにすることをお勧めします。

値段の違う体重計2つで内臓脂肪レベルを測ってみました

前の体重計は、内臓脂肪を測れるものでは無かったので、新しく買ってみました!
どうせなら、高いのと安いの比べてみてしまおうと有名なメーカーの体重計を2種類。
タニタのinnerscan(左)オムロンのKaradaScan(右)です。

タニタの高い体重計は約2万円、オムロンの安い体重計は約3千円しました。
とてもとても高い買い物でしたよ・・・。
現在のお財布の中は、閑古鳥が鳴いている状態です。(苦笑

高い・安いの違いはあるのか?

タニタの体重計はスマホと連動できます。
タニタのアプリをダウンロードして、アプリのいう通りに操作すると、体重・内蔵脂肪レベルなど10項目が測れます。

驚いたことに、タニタはわざわざ電源を入れなくても、スマホの連動で自動的に体重計の電源がつきます!

オムロンの体重計は、スマホと連動してはいません。
体重や内臓脂肪レベルなど7項目が測れます。

最初にのった感じの印象ですが、やはり、高い方が機能としては優れているなと思いました。
ですが、安いのでも内臓脂肪レベルは測れるので良いかもしれません。

まだ、体重計の比較調査を継続中なので、もう少しお待ちください。

コメントをどうぞ