内臓脂肪が多くなってしまい、困ってはいませんか?
改善はしたいが、明確にどこがいけないのか迷ってはいませんか?

この記事では、現代の人がついついやってしまいがちな、内臓脂肪をためやすい生活を紹介します。
この記事を参考にして、生活を改め、健康な毎日を過ごしてくださいね。

朝食を食べない

忙しい朝、ギリギリまで寝ていたいからと言って朝食を抜いてはいませんか?
実は、これが内臓脂肪をためてしまう原因の1つとなっているのです。

朝食を抜いてしまうと、お腹が空いてしまい、昼食を多く摂ってしまうという傾向があります。
すると、活動量以上のエネルギーが蓄積されてしまい、結果的に中性脂肪になってしまいます。

また、朝食を摂ることは、エネルギー消費を行うための代謝活動を、スムーズに開始するという役割もあるのです。

運動不足

これは、自覚がある人もいるのではないでしょうか。
やはり、運動はとても重要で、必要なことです。

現代の人は、デスクワークが多く、1日中座っているという人も多くいます。
また、休日は休みたいからといって、家でゴロゴロして1日を過ごしてはいませんか?

このような生活を続けることによって、内臓脂肪が蓄積し、生活習慣病になるリスクが大幅に高くなってしまうのです。

遅い時間での夜ご飯

夜遅く、お腹が空いたからと言って、たくさん食べてしまってはしませんか?
夜に多く食べてしまうと、消化が追い付かず、内臓脂肪になってしまいます。

また、夜に多く食べてしまうことによって、朝に食欲がなく、朝食を抜いてしまうという悪循環が生まれてしまうのです。
1日の食事のバランスは、朝:昼:夜が3:4:3:のバランスになることが良いとされています。

ぜひ見直してみましょう。