内蔵脂肪は、あらゆるメタボに関する症状と密接している。
なので、あまりに内臓脂肪多い状態になってくると、他の病気を併発してしまったり、動脈硬化になったりする恐れがある。

他の病気を併発すると、さらに動脈硬化が起こり、脳卒中や心筋梗塞が起こる。
また、脂肪肝やガンになる可能性も否定できない。

最悪の場合、死にいたることも十分に予想できるだろう。

内臓脂肪はメタボの基準の1つ

メタボリックシンドロームの4つ基準は以下のようになっている。

  • 腹部肥満(男性:85cm以上、女性:90cm以上)
  • 高血圧(最高血圧:130mmHg以上、最低血圧:85mmHg以上)
  • 高血糖(110mg/dl以上)
  • 脂質異常症(中性脂肪:150mg/dl以上、HDLコレステロール:40mg/dl未満)

このうち、腹部肥満は必須項目、残りの項目は3つのうち2つが当てはまっていると、メタボリックシンドロームと診断されてしまう。
内臓脂肪はこの中で「腹部肥満」に大きく関わっている。

内臓脂肪は内臓の周りにできるため、自然とお腹周りに脂肪が溜まっていく。
内臓脂肪型肥満の人のお腹を「ぽっこりお腹」と呼ぶのは、これが元になっている。

その結果、内臓脂肪が多いと、メタボの基準である腹部肥満の条件も満たしてしまう

内臓脂肪は高血圧や高血糖、脂質異常症も引き起こします

内臓脂肪のさらに厄介なところが、他の生活習慣病を誘発させるところ。
内臓脂肪は、メタボの他の基準である高血圧、高血糖、脂質異常症(高脂血症)を引き起こしてメタボリックシンドロームをより発生させやすくするのだ。

内臓脂肪はインスリンの働きを悪くし、高血糖を誘発します

高血糖は、そもそも膵臓(すいぞう)の働きが悪くなり、体内の糖の量を調節できなくなるところから始まる。

内臓脂肪は、膵臓の中のインスリンというホルモンの働きを弱くしてしまう。
これを「インスリン抵抗性」と言う。
このインスリン抵抗性が、結果として膵臓の働きを悪くし、高血糖を招いてしまうのだ。

内臓脂肪は直接的にも間接的にも血圧を上げる

ぽっこりお腹になると、脂肪によって直接血管の壁が圧迫される。
そうすると、心臓はより強い力で血液を送らなければならない。

その結果、内臓脂肪が多いほど血圧は上がることになってしまう。

また、高血糖でも話に上がったインスリン抵抗性は、血圧にも悪影響を及ぼす。
その理由は、以下のようなものなのだが・・・読むのが面倒な人は飛ばしてもらっても大丈夫だ。

インスリン抵抗性になると、体内のナトリウム、つまり塩分がうまく調整されず、血液中の塩分濃度が上がってしまう。

「浸透圧」という現象を知っているだろうか。
水というのは、その濃度が均一になるように、濃度の高い水分のところへ移動する性質を持っている。

この現象が、塩分濃度の高い血管内で起こると、血管内の水分が増え、血液が大量に増えてしまう
そして、増えた血液を循環させるために、心臓はより強い力で血液を送り出す。
つまり、血液が強い力で押し出されるため、血圧が上がってしまうのだ。

内臓脂肪が多いと、血液中の脂肪も多くなる

内臓脂肪は、脂質異常症(高脂血症)も誘発してしまう危険を持っている。

通常、内臓脂肪は「遊離脂肪酸」という脂肪酸に分解されて血管を移動し、肝臓で中性脂肪に分解されてエネルギーとなる。
しかし、水に油は溶けないのと同様に、内臓脂肪も血液に溶け込まない。

血液にうまく馴染ませるために、脂肪は「リポタンパク」というタンパク質に包まれて運ばれる。
しかし、あまりにも内臓脂肪が多すぎると、このリポタンパクが上手く分解できず、血液中に溜まったままになってしまう。

このようにして、内臓脂肪は脂質異常症を招いてしまうのだ。

他にも、内臓脂肪が肝臓の周りにたまりすぎると「脂肪肝」と言って、肝臓の機能が低下する生活習慣病にかかることもある。

脂肪肝はガンに発展することも珍しくないと言われている。

内臓脂肪によって動脈硬化が発生すると、命に関わる病気にもつながることがある

内臓脂肪が多くなってくると、大きくなった脂肪細胞から、PAI-1、IL6といった物質が出てくる。

PAI-1は、血栓をつくりやすくし、IL6は、炎症を起こして、動脈硬化を引き起こすといった作用をもつらしい。

内臓脂肪が多いだけでも、動脈硬化は起こりえるというわけだ。

また、内臓脂肪が増えることによって起こった生活習慣病から、動脈硬化を発生、促進してしまうこともある。

ということは、内臓脂肪が増えることによって、動脈硬化が引き起こしやすい(引き起こしている)状態になっている上に、生活習慣病が発生し、さらに動脈硬化を引き起こしてしまう可能性が高くなるということだ。

動脈硬化が引き起こす病気には、直接命に関わる可能性がある脳卒中や心筋梗塞など、数多くある。

動脈硬化から起こる病気を避けるべく、内臓脂肪を減らす改善をしていって欲しいのだ。