内臓脂肪はメタボの基準の1つ

メタボリックシンドロームの4つ基準は以下のようになっています。

  • 腹部肥満(男性:85cm以上、女性:90cm以上)
  • 高血圧(最高血圧:130mmHg以上、最低血圧:85mmHg以上)
  • 高血糖(110mg/dl以上)
  • 脂質異常症(中性脂肪:150mg/dl以上、HDLコレステロール:40mg/dl未満)

このうち、腹部肥満は必須項目、残りの項目は3つのうち2つが当てはまっていると、メタボリックシンドロームと診断されてしまうのです。
内臓脂肪はこの中で「腹部肥満」に大きく関わっています。

内臓脂肪は内臓の周りにできるため、自然とお腹周りに脂肪が溜まっていきます。
内臓脂肪型肥満の人のお腹を「ぽっこりお腹」と呼ぶのは、これが元ですね。

その結果、内臓脂肪が多いと、メタボの基準である腹部肥満の条件も満たしてしまうのです。

内臓脂肪は高血圧や高血糖、脂質異常症も引き起こします

内臓脂肪のさらに厄介なところが、他の生活習慣病を誘発させるところです。
内臓脂肪は、メタボの他の基準である高血圧、高血糖、脂質異常症(高脂血症)を引き起こしてメタボリックシンドロームをより発生させやすくするのです。

内臓脂肪はインスリンの働きを悪くし、高血糖を誘発します

高血糖は、そもそも膵臓(すいぞう)の働きが悪くなり、体内の糖の量を調節できなくなるところから始まります。

内臓脂肪は、膵臓の中のインスリンというホルモンの働きを弱くしてしまいます。
これを「インスリン抵抗性」と言います。
このインスリン抵抗性が、結果として膵臓の働きを悪くし、高血糖を招いてしまいます。

内臓脂肪は直接的にも間接的にも血圧を上げます

ぽっこりお腹になると、脂肪によって直接血管の壁が圧迫されます。
そうすると、心臓はより強い力で血液を送らなければなりません。

その結果、内臓脂肪が多いほど血圧は上がることになってしまいます。

また、高血糖でも話に上がったインスリン抵抗性は、血圧にも悪影響を及ぼします。
その理由は、以下の表なものなのですが、読むのが面倒な人は飛ばしてもらっても大丈夫です。

インスリン抵抗性になると、体内のナトリウム、つまり塩分がうまく調整されず、血液中の塩分濃度が上がってしまいます。

「浸透圧」という現象をご存じでしょうか。
水というのは、その濃度が均一になるように、濃度の高い水分のところへ移動する性質を持っています。

この現象が、塩分濃度の高い血管内で起こると、血管内の水分、つまり血液が大量に増えてしまうのです。
増えた血液を循環させるために、心臓はより強い力で血液を送り出します。

このような間接的な理由でも、内臓脂肪は血液を上げてしまうのです。

内臓脂肪が多いと、血液中の脂肪も多くなる

内臓脂肪は、脂質異常症(高脂血症)も誘発してしまう危険を持っています。

通常、内臓脂肪は「遊離脂肪酸」という脂肪酸に分解されて血管を移動し、肝臓で中性脂肪に分解されてエネルギーとなります。
しかし、水に油は溶けないのと同様に、内臓脂肪も血液に溶け込みません。

血液にうまく馴染ませるために、脂肪は「リポタンパク」というタンパク質に包まれて運ばれます。
しかし、あまりにも内臓脂肪が多すぎると、このリポタンパクが上手く分解できず、血液中に溜まったままになってしまいます。

このようにして、内臓脂肪は脂質異常症を招いてしまうのです。

他にも、内臓脂肪が肝臓の周りにたまりすぎると「脂肪肝」と言って、肝臓の機能が低下する生活習慣病にかかることもあります。
脂肪肝はガンに発展することも珍しくありません。

内臓脂肪は、それだけで脂肪肝などの健康の害になることもあります。
しかし、他の生活習慣病を引き起こすことによってメタボを進行させることが最も恐ろしい点ですね。

動脈硬化が発生すると、命に関わる病気にもつながることがある

また、内臓脂肪はメタボリックシンドロームの人が最も恐れるべき生活習慣病、動脈硬化をも引き起こしてしまいます。

また、内臓脂肪は他のメタボの基準である高血圧、高血糖、脂質異常症をも引き起こしてしまう、という話はしましたよね。
これらの生活習慣病もまた、動脈硬化を発生、促進してしまう働きを持っています。

そもそもメタボリックシンドロームの「シンドローム」は日本語では「症候群」と言い、複数の事象が同時期に発生してしまうことを意味します。
高血圧、高血糖、脂質異常症、そして内臓脂肪による腹部肥満。
これらの生活習慣病が一度に発生し、動脈硬化を引き起こしてしまうことこそが、メタボの最も恐ろしいところと言えます。

メタボはなんとなく健康に良くないというイメージはあると思います。
しかし実際は、メタボリックシンドロームによって発生する動脈硬化が直接命に関わる病気を引き起こしているのです。

動脈硬化が引き起こす病気には、脳卒中や心筋梗塞など、数多くあります。
メタボリックシンドロームに悩む人は、最終的にこの動脈硬化を避けるべくメタボの改善をしていきましょう。