ぽっこりお腹をそのままにしておくとメタボが進行してしまう他、動脈硬化などの重大な病気にもつながっていってしまいます。
誰に取ってもそのような事態は避けたいものですよね。
それでは、内臓脂肪を減らすには何をしたらよいのでしょうか。

内臓脂肪を減らすには、まずはその内臓脂肪を増やしている原因を潰していくことがまず第一歩となります。
「何をするべきか」、だけではなく、「何を控えるべきか」、というポイントにも注意しましょう。

今回は、そのような内臓脂肪の減らし方についてまとめてみました。

ぽっこりお腹改善にはまず食事の改善!魚や野菜中心の食生活を

お肉だけではなく、魚や野菜を取り入れる心がけが大切です

肉のアブラと魚のアブラには大きな違いがあります

ダイエットでもよく言われることですが、体脂肪を減らす第一歩は「魚、野菜中心の食生活」を心がけることです。

最近、お肉ばかり食べていて、野菜や魚をあまり食べていないなんてことはありませんか?
お肉に含まれている脂肪は飽和脂肪酸で出来ていて、まさにぽっこりお腹の元となっている脂肪です。

一方、魚に含まれている脂肪には不飽和脂肪酸が含まれています。
この脂肪酸のために、魚のアブラは血中の中性脂肪やコレステロール値を調節する働きがあると言われています。
魚の脂は、お肉の脂とは全く効果が異なり、むしろぽっこりお腹を改善してくれる働きまであるのです。

野菜から取れるビタミンやミネラル、食物繊維で脂肪の吸収を抑えましょう

ぽっこりお腹を減らしたり、ぽっこりお腹を予防したりするためには、食事の際は野菜を先に食べておくと良いとされています。

野菜には脂肪の吸収を抑えたり、脂肪の分解を助けてくれるビタミンやミネラルが多く含まれています。
また、食物繊維を多く含む根菜などを、食事の初めに食べておくと、胃の中で脂肪が沢山吸収され、内臓脂肪になるのを防いでくれるのです。

日替わりで魚を主菜にしたり、付け合わせの野菜を多く食べたりするように心がけてみましょう。

食べる時間や食べ方にもポイントが! 無理なダイエットは禁物

食事の時間はできるだけ夜は避けるようにしましょう。
人の体には一定の生活リズムがあります。
それを外れた生活を送っていると、ホルモンや代謝がうまく働かなくなる結果、ぽっこりお腹になってしまうのです。

また、いくらぽっこりお腹が気になるからといって、断食や無理な食事制限は絶対にいけません。
断食や食事制限をしていると、体は自分を動かすための十分な栄養をとるために、一度に大量のエネルギーを吸収するようになってしまいます。
その状態で普通の量の食事をとると、逆にエネルギーを吸収しすぎてリバウンドしてしまうこともあり得るのです。

食事の改善によって、そもそも内臓脂肪になってしまうアブラの量を抑えることができます。
適度な量を決まった時間に食べるのが一番ですね。

ちょっとの運動で効率よくぽっこりお腹を減らしましょう

運動することが内臓脂肪を減らす第一歩

痩せるための一番の近道は「運動」です。
内臓脂肪は皮下脂肪と異なり、貯めやすく減らしやすいのが特徴です。

そのため、溜まった分を運動で燃焼していけば、ぽっこりお腹は意外と簡単に改善できるのです。

先ほど食事の改善によってぽっこりお腹を減らす、という話をしましたよね。
しかし、会社の付き合いなどがあるため、食生活を変えることが難しい人もいると思います。
そんな人は、まず運動から手をつけてみましょう。

運動は簡単で良い!毎日続けることが大切

それでは、ぽっこりお腹を治すにはどんな運動をすれば良いのでしょうか。

実は、運動はそんなにハードじゃなくても大丈夫なんです。
要は1日に吸収するエネルギーに見合った量を運動をすれば良いわけですから、具体的な時間では30分程度からでも効果があるとされています。
逆に、毎日摂るエネルギーに対処するためには、毎日運動をすることが重要ですね。

また、運動はウォーキングや水泳などの「有酸素運動」が良いとされています。
有酸素運動は、運動している間に呼吸をしっかりするような運動だと捉えてもらえれば十分です。

脂肪の燃焼には酸素が必要です。
そのため、酸素をより多く取り込む有酸素運動が良いとされているわけですね。
逆に、筋トレや短距離走などの無酸素運動の効果は比較的低めになってしまいます。

つまり、まとめると「ウォーキングなどの有酸素運動を1日30分程度毎日続ける」のが、ぽっこりお腹改善のための運動方法になると言えます。
逆に、いきなり何時間も激しい運動をして、怪我や体調を崩してしまう方がよっぽど良くありません。

睡眠やストレスにも注意

しっかりとした睡眠をとって代謝を良くしましょう

最後に、内臓脂肪を減らすために、その他の生活習慣で気をつけるべきことについて触れておきます。

まず、大切なのは夜型の生活を避け、睡眠時間を多くとることです。
睡眠は人間の3大欲求でもあり、体のバランスを調整する非常に大切な行動です。

ぽっこりお腹改善のためには、少なくとも8時間程度は睡眠を取れると良いですね。

ただ、人によって8時間も寝ると逆に体調が悪くなったり、8時間程度では全く睡眠が足りないと感じる人もいると思います。
その場合、睡眠時間に合わせて生活リズムを整えてみることをお勧めします。

具体的には、「決まった時間に寝る、起きる」、「だらだら寝転がらずに、睡眠をとるなら部屋を暗くしてしっかり寝る」などの心がけが挙げられます。

ストレスは精神的だけでなく、体にも大きく影響を及ぼします

ストレスで気が滅入ってしまって、何も手につかなくなったり、どんどんネガティブになってしまったりということは、誰しも経験があるのではないでしょうか。

ストレスはその人の精神だけでなく、体にも影響を及ぼします。
それはぽっこりお腹も例外ではなく、ストレスによってホルモンの働きが悪くなると、内臓脂肪が溜まりやすい状態になってしまいます。
いわゆる「ストレス太り」になってしまうのです。

しかし、ストレスを解消する、なんて簡単には言えません。
ストレスの原因は人によって様々ですし、簡単に解消できるものでないこともありますからね。

少しでもストレスを和らげるために、以下のようなことを挙げておきます。

  • よく寝ること
  • 先ほど睡眠不足の解消がぽっこりお腹を改善することにつながる、という話はしましたよね。
    睡眠不足は、ストレスに対処するためにも良い行動だとされています。

    たくさん睡眠をとることで、アドレナリンや自立神経の乱れが正されます。
    これらが正常に働くと、ネガティブな思考やイライラが和らぐとされています。

  • 運動すること
  • 運動も先ほど内蔵脂肪燃焼の方法として紹介しましたね。
    ストレスは、運動によっても発散できるとされています。

    ストレス発散のための運動は、もちろんウォーキングも良いですが、ストレッチや筋トレ、ヨガなども効果的とされています。
    仕事の息抜きやお風呂上がりなどに、少し挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

お酒はほどほどに、喫煙は一刻も早くやめるべき

飲酒は適量なら健康にも良いとされています。
しかし、この「適量」というのは、大体日本酒なら約1合程度と言われています。

正直なところ、この量は普段よくお酒を飲む人からすると非常に微々たるものかもしれません。
少しなら飲んでも良い、とはいっても、ぽっこりお腹改善のためにはある程度我慢が必要になってしまいますね。

また、タバコは内臓脂肪を増やしてぽっこりお腹にしてしまいます。
体脂肪を増やすだけでなく、「血圧を上げ、血糖値を下がりにくくし、脂質異常症を促進する」と、喫煙によってもたらされる悪影響は凄まじいです。

タバコを吸うことは、つまりメタボリックシンドロームを一気に進行させてしまうのです。
喫煙の習慣がある人は、できるだけ早く禁煙の習慣をつけることをオススメします。
まず3日間、1週間…と、少しづつチャレンジしてみましょう。

サプリメントの効果はあるの?

また、内臓脂肪に対処するための方法として良く上がるのが、「サプリメント」です。
ぽっこりお腹を改善するために、サプリメントを使っている人は珍しくありません。

しかし、サプリを飲むだけで痩せるということはありません。
食事を見直したり、運動をしたりしてからサプリを飲むことで、やっとその効果は十分に発揮されます。
そのことを念頭に置いてサプリは服用しましょう。

最近は、錠剤タイプだけでなく、トクホや機能性表食品として、飲み物や食べ物など、様々なタイプの食品が売られるようになってきました。
その中から、自分に合うものを探してみるのもオススメです。