ぽっこりお腹を引っ込めるため、ある日思い立って、腹筋をしてみた!なんて経験ないだろうか?
ジョーの場合は、しばらく続けたのに腹筋をしても改善しないため、途中で投げ出してしまった。

で、最近、実はこの腹筋の仕方が間違っているのかも?と思うようになった。
鍛えるべき筋肉を間違えたかもしれないのだ。

ここでは、ぽっこりお腹を治す役割を果たす腹筋について、調べたことを書いてみようと思う。

ぽっこりお腹の原因は?

まず、ぽっこりお腹になっている原因には、大まかに4つほど考えられる。
あなたは、どれに当てはまるだろうか?

  • 腹筋が弱い
  • 内臓が下がっている
  • 生活の乱れ
  • 病気の兆候

病気の場合は、早急な対応が必要なため、チェックしてみて欲しい。

この記事では、腹筋が弱いことと、内臓が下がっている人への改善方法を紹介します。

お腹には3つの筋肉がある

筋肉を鍛える前に、お腹にある筋肉について、少し説明したい。
お腹には、腹直筋、腹横筋、腹斜筋の3つの腹筋がある。

腹直筋とは、1番表面にあり、いわゆる「シックスパック」はこの腹直筋だ。
一般的な仰向けから上半身を起こす腹筋では腹直筋が鍛えられる。

しかし、腹直筋は、身体を支えるということに関しては、あまり使われていない。
引き締まった身体を作るのであれば、腹直筋だけを鍛えていても、あまり効果はないのだ

腹筋をしているのに、ぽっこりお腹が治らないという人は、実はこれが原因だったのだ。

お腹のくびれやウエストを絞るためには、腹斜筋と腹横筋も鍛えなければいけない。
また、腹斜筋を鍛えることによって、内臓を正しい位置で支え、血流も良くなるという効果もあるようだ。

筋トレをしたくない人には

筋トレはきつくてやりたくない、続かない、という人も多いと思う。

実は、わざわざ筋トレをしなくても筋肉に刺激を与え、ぽっこりお腹を改善する方法があるのだ。

それは、毎日の生活の中で、呼吸をゆったりと大きくすること。

呼吸をする際、私たちは腹筋を使っている。
そのため、大きく呼吸をすることで、腹筋をしっかりと使うことができるのだ。