内臓脂肪を減らす食べ物って、いったいどのようなものがあるのでしょうか。

今回は、内臓脂肪を減らすための食べるべき食べ物について簡単にまとめました。

内臓脂肪を減らす食べ物は?

食物繊維の多いイモ類や海藻を多く取りましょう

内臓脂肪を減らすための一番効果的な方法は「食物繊維を多く取ること」です。

食物繊維は消化されず、そのまま体外へ排出されます。
その際に、体に有害な成分や余分なコレスレロールを吸収してくれるのです。

また、食物繊維は水分を含むと膨らみ、満腹中枢を刺激します。
そのため、食物繊維を多く取っていると自然と食べる量自体も適度に抑えることができるのです。

食物繊維が多い食べ物には以下のようなものがあります。

  • 昆布
  • ひじき
  • さつまいも
  • こんにゃく
  • ジャガイモ
  • オカラ
  • 切り干し大根
  • 干し椎茸
  • 寒天

野菜や大豆のビタミン・ミネラルで太りづらい体に

正直、食べる量を減らすことによって内臓脂肪を減らすのはなんとなく寂しい気持ちになりますよね。
できることなら、お腹いっぱいご飯を食べたい…

そのような人は、野菜を中心に据えた食生活をオススメします。

野菜や海藻類はビタミンやミネラルが多く含まれています。
特に、ビタミンB2の効果によって、脂肪の吸収を抑えることができます。

ビタミンB2が含まれている食べ物にが以下のようなものがあります。

  • しそ
  • パセリ
  • インゲン豆
  • まいたけ
  • 納豆

また、野菜や海藻類は食物繊維も多く含まれています。
まさに一石二鳥ですね!

お肉より魚介類を摂るように心がけましょう

魚の油は、肉のそれとは異なり、脂肪を減らしてくれる働きがあるとわかってきました。
青背魚に含まれているEPA・DHAという脂肪酸が、余分な脂肪を減らし、善玉コレステロールを増やしてくれる働きがあります。

そのため、日々の食事のメインを「肉」から「魚」に変更してみましょう。
こうすることによって、動物性脂肪を減らし、体に良い不飽和脂肪酸を多く取ることができます。

EPA・DHAを多く含む魚には、以下のようなものがあります。

  • ウナギ
  • サバ
  • マグロ
  • イワシ
  • サンマ

食べ過ぎてはいけない食べ物

炭水化物の量は減らすよう心がけましょう

内臓脂肪は油っぽいものを食べていると出来てしまうと思っている人がほとんどだと思います。
それは確かに正しいのですが、実は内臓脂肪は「炭水化物」からも発生しているのです。

炭水化物、ようは主食であるお米やパン、麺類は1日100gを目安に取ることが良いとされています。

いわゆる腹8分目を目標に、おかわりはしないなどの工夫をしてみましょう。

脂質・砂糖の量を減らすことも大切

内臓脂肪を減らすためには、当たり前かもしれませんが、そもそもの脂質の量を減らすことも大切です。

先にも述べた肉を魚に変えることを始め、お肉の油っぽい部分は避けることもチャレンジしてみましょう。

また、砂糖も内臓脂肪が多い原因になっています。
ダイエットの際にもよく言われることですが、間食は避け、お菓子の暴食などはやめましょう。