ダイエットをしても、ぽっこりお腹が治らず、困ってはいませんか?

もしかしたらそのぽっこり、脂肪ではないかもしれませんよ。
重大な病気のサインかもしれません。

この記事では、そんなぽっこりお腹が示す病気について分かりやすく紹介しています。

ぜひ参考にして、いち早い病気の治療を目指しましょう。

ぽっこりお腹の原因となる病気

ここでは、脂肪ではないもので、お腹がぽっこりしている場合に引き起こされる病気を紹介します。

女性に可能性のある病気

卵巣腫瘍(らんそうしゅよう)

卵巣とは、子宮の横に存在する臓器です。

良性と悪性の場合があり、ほとんどの場合が良性であるとされています。
ぷよぷよとした腫瘍ができ、大きくなると下腹部が膨れます。

初期の段階では症状に気づかない場合が多いようです。

腫瘍が大きくなると、「茎捻転」という、腫瘍がねじれる現象が起きることがあります。
すると、日症生活を送ることが困難なほどの、腹痛に襲われます。

卵巣が大きく膨れてしまう事によって、臓器を圧迫したり、卵管を引きはがしてしまうなどの問題も生じます。

卵巣がん

卵巣内の腫瘍が悪性であった場合がこの卵巣がんです。
初期症状は気づかないことが多く、他の部分にがんが転移してから気付く場合が多いようです。

腹水が溜まることによって、下腹部が膨れてしまいます。

子宮がん

下腹部のふくらみは気づかない人も多いようです。
腹水が溜まることによってお腹がぽっこりする場合があります。

子宮がんには、2つのタイプがあります。
「子宮頸がん」と「子宮体がん」です。
子宮頸がんとは、子宮の入り口付近に発生したがんの事、子宮体がんとは、子宮の奥に発生したがんの事をいいます。

この2つは、なりやすい人が全く異なったタイプとなっているので、ぜひチェックしてみてください。

  • 子宮頸がん
    • 出産経験のない人
    • 肥満の人
    • 肉類の食事を好む人
  • 子宮体がん
    • 出産経験のある人
    • 喫煙習慣がある人
    • 若いときから不特定多数で男性経験のある人

子宮内膜症

子宮内膜とは、受精卵が着床する場所です。
本来は、子宮の内側に作られるものです。

しかし、何らかの要因によって、子宮以外の部分に子宮内膜が作られ、増殖してしまう病気のことを言います。

これが胃や腸に沈着してしまうと、排出ができなくなり、下腹部がぽっこりとしてしまいます。

生理痛や排便時の痛み、腰痛や股関節痛などの症状が現れます。

子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)

子宮の壁にできる良性の腫瘍の事をいいます。

子宮は、筋肉で覆われています。
その筋肉が異常に増殖することによって引き起こされます。

腫瘍のある場所、数、大きさによって症状はさまざまです。
多くの場合、貧血やめまい、日常生活に支障をきたすほどの生理痛などが現れます。

筋腫が大きく腫れると、下腹部のふくらみが目立つようになります。

性別に関係なく起こる可能性のある病気

大腸がん

大腸がんは、腸の中に腫瘍ができてしまうため、便やガスが腸内に溜まることによって、お腹が膨らんでしまいます。
細い便や血便、下痢と便秘を繰り返すなどの症状が現れます。

症状が分かりにくく、気づかない間に症状が進行してしまう場合が多いようです。

肝硬変

肝臓の細胞が破壊され、繊維質の細胞が肝臓内に増殖して、硬くなってしまうことをいいます。
肝臓が硬くなってしまう事により、肝臓をうまく機能させることが出来なくなってしまうのです。

腹水が溜まることによって、下腹部がぽっこりとしてしまいます。

まとめ

内臓脂肪が原因となってぽっこりお腹になっていることがほとんどです。

しかし、危険な病気のサインしれません。
どちらにせよ、早めの対策をとりましょうね。

コメントをどうぞ