ぽっこりお腹になると、便秘にもなりやすいって知っていましたか?

ぽっこりお腹の原因は内臓脂肪。
実は、内臓脂肪による便秘で悩んでいる人が、多くいるようです。

この記事では、ぽっこりお腹と便秘の関係について、わかりやすく説明しています。

便秘とは

何日間便が出ていないと便秘である、という明確な日数はありません。
しかし、放っておくと、老廃物が新陳代謝を低下させ、太りやすい体質をつくってしまうのです。

早めの対策をとりましょう。

内臓脂肪による体内の影響

便は、大腸と小腸を通って排出されます。

内臓脂肪が溜まってしまうと、これらの消化器官が脂肪によって圧迫されます。
これにより、腸の働きが鈍り、便秘になってしまうのです。

また、腸は、運動による刺激を受け、排出するというメカニズムになっています。
しかし、内臓脂肪が溜まってしまうと、運動による衝撃を脂肪が吸収し、腸まで届けることができなくなっているのです。

間違った処置

便秘だからと言って、下剤をたくさん飲んだりしていませんか?
実はこの行為が、便秘の症状を悪化させてしまっている原因かもしれません。

下剤を飲み続けると、薬の効果に体がなれてしまい、薬が効かなくなってしまいます
さらに、腸の働きを弱め、便秘を悪化させてしまう可能性もあります。

いち早く解決したい!

便秘を改善するために、まずやらなければいけないことは、食事の改善です。

朝ごはんをきちんと食べていますか?
朝ごはんは、腸の働きをスムーズに開始することができるのです。

さらに、水溶性食物繊維を多めに摂りましょう。
腸の中の不要物をまとめ、体外へ排出してくれます。

そして、必要なのは、運動です。
特に内臓脂肪をは燃焼されやすいので、身体の内側から働きかけるインナーマッスルを鍛えましょう。