内臓脂肪を減らしたい時に知っておきたいのが、「アディポネクチン」という物質。
脂肪細胞から分泌されていて、ぽっこりお腹をなんとかしたい時の強い味方になるんです。

この記事では、アディポネクチンの効果や、どんな食べ物に含まれているのか?についても書きました。
良かったら、参考にしてくださいね。

脂肪を減らしてくれるアディポネクチンとは?

このアディポネクチンとは、脂肪細胞から分泌されているホルモンのことです。

生活習慣病の改善や予防に効果があるとされていて、健康寿命を延ばしてくれる「長寿ホルモン」としても注目を集めています。

アディポネクチンはメタボが気になる人に効果アリ!

アディポネクチンには、さまざまな効果があります。
実は、そのほとんどがメタボの予防・改善に関係していて、ぽっこりお腹・内臓脂肪が気になる人なら、絶対に知っておきたいところ。

以下、効果を列挙してみますね。

  • 糖尿病の改善、予防
    糖尿病の原因となるインスリンの働きを促し、血糖値を下げてくれます。
  • 動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞の予防、改善
    傷ついた血管を修復し、血液の流れを良くします。
  • 中性脂肪の減少
    脂肪酸を燃焼させ、脂肪を燃えやすくしてくれます。
  • がんを予防する
    腫瘍の増殖を抑制し、がんを予防する作用があります。
  • 高血圧の予防、改善
    血管を拡げ、血圧を下げる働きがあります。

気になる人は、一度、アディポネクチンの検査を受けるのも良いかもしれませんね。
検査方法などを知りたい人は、次の記事を読んでみてください。

アディポネクチンを増やすためには?

アディポネクチンは食事で摂れる?

脂肪から分泌されるホルモンではありますが、脂肪が多いと多く分泌されるわけではありません。
実は、アディポネクチンと内臓脂肪には関係があって、内臓脂肪が減るとアディポネクチンは増え、内臓脂肪が増えるとアディポネクチンが減るという性質があります。

つまり、アディポネクチンを増やすには、内臓脂肪を減らすことが必要なのです。

しかし一方で、遺伝によって、もともとアディポネクチンの分泌量が少ないケースもあるようです。

そのような人におすすめなのが、食事によるアディポネクチンの摂取。
アディポネクチンを増やしてくれるという食べ物には、以下のようなものがあります。

  • 豆腐などの大豆タンパク
  • イワシ、サンマ、サバなどの青魚
  • ミカンなどの柑橘類の食べ物の皮
  • アマニ油、エゴマ油などのオメガ3脂肪酸という脂の種類
  • 緑黄色野菜
  • わかめやひじきなどの海藻類

日頃の食事に取り入れて、少しでもぽっこりお腹を改善できるようにしたいものです。

アディポネクチンが摂れるサプリがあります!

なお、食事でアディポネクチンを摂るのが難しい場合は、サプリメントもあります。
メタボ研究の第一人者の先生が開発されたものなので、安心して飲むことができます。

良かったら参考にしてくださいね。

コメントをどうぞ