ぽっこりお腹を解消したい!内臓脂肪を減らす大切なお話。

mission1 : 内臓脂肪を改善せよ!

メタボリックシンドロームと聞くと、お腹周りがぽっこりとしている、太った人のイメージがあると思います。
メタボと向き合うときに、特に気をつけなければならないポイントの一つが、内臓脂肪です。

内臓脂肪は、「腹部肥満」という項目で、メタボの判断基準の1つになっています。
また、内臓脂肪は動脈硬化の促進をはじめ、それ単体でも体に様々な悪影響を及ぼします。

しかし、内臓脂肪は簡単についてしまう分、少しの努力で簡単に減らすことができるということもわかってきました。
それでは、内臓脂肪はどうやって対処していくべきなのでしょうか。

今回は、そのような内臓脂肪について簡単にまとめました。

ぽっこりお腹の原因は?内臓脂肪とは?

お腹がぽっこりしているな・・・と思ったら要注意。
下半身全体が太っているとか、体全体が太っていているというよりも、むしろ健康に悪い場合が多いのです。

その理由は、内臓脂肪。

内臓脂肪がつくことによって、成人病のリスクはグッと高まってしまいます。
ぽっこりお腹は、そういったリスクのサインです。

また、それ以外にも、ぽっこりお腹が重大な病気の印であるケースも。
次の記事では、ぽっこりお腹を引き起こす病気についてまとめています。

なぜ内臓脂肪がつくことが、メタボリックシンドロームの診断基準になるのでしょうか?

実は、内臓脂肪がつくことによって、様々な生活習慣病を引き起こすリスクが高くなってしまうのです。

つまり、ぽっこりお腹になってしまうと、生活習慣病にかかりやすいということですね。

内臓脂肪と皮下脂肪の違い

見た目の違い

ところで、内臓脂肪と皮下脂肪の違いって、知ってますか?

まず、内臓脂肪が多い人と皮下脂肪が多い人って、見た目が変わってきます。

内臓脂肪がついている人って、上半身や下半身があまり太っていないのに、お腹だだけ「ポコッ」と出ているんです。
これが、いわゆる「ぽっこりお腹」で、「リンゴ型肥満」という言い方をされ、内臓脂肪がついている人の特徴。

一方、同じ太っている人でも「洋ナシ型肥満」なんて言われる体型もあります。
このタイプの肥満は「皮下脂肪」がついてしまっているタイプ。
いわゆる「下腹部がぽっこり」というタイプですね。

健康上のリスクの違い

実は、皮下脂肪がついている場合は、内臓脂肪がついている場合に比べて、健康上のリスクは低くなります。
(けっして、好ましいというわけでは有りませんが・・・)

あくまでもメタボ、生活習慣病として注意すべきは「ぽっこりお腹」「リンゴ型肥満」「内臓脂肪」なんです。

体脂肪率と内臓脂肪レベルの話

体脂肪率の基準

内臓脂肪が増えたとなると、似たようなワードで体脂肪率も気になってきますよね。
簡単に体脂肪率の基準をまとめました。

  軽度肥満 中度肥満 重度肥満
男性 20% 25% 30%
女性 25% 30% 35%

大体の平均値は、男性が10〜19%、女性は20〜29%とされています。

内臓脂肪レベルとは?

内臓脂肪がどれくらい体に溜まっているかというのは、基本的に病院で検査を受けて測るものです。
しかし、内臓脂肪の測定機能を持つ体重計によって、最近では家庭でも内臓脂肪型肥満のレベルを知ることができます。

内臓脂肪の平均は男女や年齢によって異なります。
自分が今、どれくらいの脂肪を抱えているのか知ることは大切ですね。

内臓脂肪の危険性

それでは、内臓脂肪を放っておくとどうなってしまうのでしょうか。
まず一つに、メタボリックシンドロームに一歩近づいてしまう、ということが挙げられますね。

メタボリックシンドロームは基準が揃っていってしまう時点でいつ重度の病気にかかるかわかりません。
メタボにならないに越したことはありませんね。

また、メタボの他の基準である「高血圧、高血糖、高脂血症」を誘発してしまうというやっかいなポイントがあります。

最後に、一番怖いのは「動脈硬化の促進」です。
ほかの生活習慣病も恐ろしいですが、それらは最終的には動脈硬化に帰結します。

この動脈硬化が、脳卒中や心筋梗塞といった、命に関わる病気を直接引き起こす原因となってしまいます。

なぜ内臓脂肪がつくのか

内臓脂肪がついてしまう主な原因は、ズバリその人の生活習慣にあります。

まず一つ目に食生活です。

毎日お酒を飲んだり、油っぽいものやお肉中心の生活ばかり送ったりしていると、太ってしまうのは自明の理ですよね。

次に、運動不足が挙げられます。
食事で摂った栄養を十分に燃焼できないと、それらはどんどんお腹に脂肪として残っていってしまいます。

最後に、ストレスや、喫煙などが挙げられます。
本人の精神状態に、体は予想以上に左右されています。
難しいかもしれませんが、できるだけ余裕を持った生活を送りたいものですね。

ぽっこりお腹を解消するために必要なことは?

ぽっこりお腹を解消するために必要なのは、

  • 食生活
  • 運動習慣
  • 生活習慣全般

の3点を見直すこと。

この3点に取り組まないと、ぽっこりお腹の解消は中々難しいものです。

また、補助的にトクホの飲み物やサプリメントを使うのもおすすめ。

特に食生活が十分にコントロールできない人は、必要な栄養素の補給という意味でもサプリメントは有効かもしれませんね。

内臓脂肪を減らすには

内蔵脂肪を減らすには、私たちはいったい何をすれば良いのでしょうか。
やっぱり、ぽっこりお腹改善の軸は「食事、運動、生活習慣」になってきます。

以下の記事では、内臓脂肪をどうすれば減らせるのかまとめています。

内臓脂肪を減らす食べ物は?

脂肪を減らすには食事の改善は不可欠です。
実際のところ、何を食べればよくて、何を食べてはいけないのでしょうか。

脂っこいものはだめで、野菜は良い等…
以下の記事では、内臓脂肪を減らす食べ物について、具体的にまとめています。

内臓脂肪を減らす運動は?

食事の改善と共に、運動をすることも内臓脂肪を減らすのに非常に効果的です。
ランニングや水泳などの有酸素運動で、効率よく脂肪を減らしていきましょう。

内臓脂肪を減らす運動については、以下の記事で細かくまとめています。

内臓脂肪を減らす食べ方

先ほど内臓脂肪を減らす食べ物について触れましたよね。
同様に、食べ方を変えるだけでも内臓脂肪を減らすことができるんです。

内臓脂肪を減らす食べ方については、以下の記事で細かく紹介しています。

内臓脂肪を増やしてしまう生活習慣とは

内臓脂肪はどうして増えてしまうのでしょうか。
せっかく減らした内臓脂肪も、乱れた生活習慣で元に戻ってしまっては意味がありません。

以下の記事では、内臓脂肪を増やしてしまう生活習慣についてまとめています。

ポッコリお腹を治すには腹筋がポイント

内臓脂肪を減らす運動とも関連していますが、ぽっこりお腹を減らすには、「腹筋」が大切です。
ダイエットといえば思い浮かぶ腹筋。
出来るものなら簡単に終わらせてしまいたいですね。

以下の記事では、ぽっこりお腹をなくすための腹筋についてまとめています。

内臓脂肪を減らすサプリのおすすめは?

内臓脂肪を減らしたい時、サプリもその手助けをしてくれます。
サプリだけに頼っていると中々改善は出来ませんが、より効率よく脂肪を燃焼したい人には、サプリは良い手段です。

以下の記事で、内臓脂肪を減らすサプリについてまとめています。


体脂肪を減らす飲み物について

サプリの他にも、飲み物を選ぶことによって効率よく脂肪を燃やすこともできます。

以下の記事で、体脂肪を減らす飲み物について詳しくまとめています。


体脂肪を減らす漢方薬について

体脂肪を減らす方法の1つとして、「漢方薬」もあげられます。
漢方は古くから中国を中心に薬の材料として使われてきました。

日本でも、漢方は薬学的に効能が認められました。
以下の記事で、体脂肪を減らす漢方についてまとめています。

脂肪肝は漢方でよくなるの?

脂肪肝はメタボの症状の中でも病気に直結してしまうものです。
できるなら早いうちに直してしまいたいですね。

以下の記事で、脂肪肝は漢方で直せるのか、または症状は緩和できるのか、簡単にまとめてみました。


内臓脂肪を減らすには、水を上手に摂ることが大切!?

ぽっこりお腹をなくすためには、食事の改善や運動を始め、いろいろなものがあります。
実は「水を十分に飲むこと」も、脂肪を減らす効果があるんです。

コップ一杯程度の水を1日に何回も飲むことで、体内の老廃物を排出し、脂肪を燃やしやすくなる身体に近づきます。
一度に大量の水を飲むのではなく、こまめに水分を摂ることが大切です。

また、この時の水は水道水よりもミネラルウォーターの方が良いとされています。
これは、ミネラルウォーターの方が、文字どおりミネラルを多く含んでいるためです。
ミネラルウォーターに含まれるカルシウムやマグネシウムが、内臓の働きを助けてくれるため、より脂肪を燃焼しやすい身体になるというわけですね。

お腹が空いている時に、おやつの代わりに水を飲むだけでも、カロリー制限ができてしまいます。
確かに満足感は減ってしまうかもしれませんが、今までの自分の怠慢で溜めてしまった脂肪を減らすには、多少の我慢は必要です。

ページの先頭へ

サイトマップ  運営者情報