夜間高血圧は、「夜、睡眠中に血圧が上がってしまう」もしくは「夜になっても血圧が下がらない」という状態です。
通常の血圧測定では発見できない症状のため、気付かないうちに危険な状態まで陥ってしまいやすいのが怖いポイントですね。

普通、血圧は朝から日中にかけて上昇し、夜は下がるものです。
しかし、夜も一定の血圧を超えてしまっている場合、夜間高血圧と診断されてしまいます。

今回は、夜間高血圧について簡単にまとめてみました。

夜間高血圧とは

最初に言った通り、夜間高血圧とは「夜、睡眠中の血圧が高い」状態のことを言います。

夜間高血圧には大きく分けて2種類あり、

  • 夜間昇圧型:夜になって血圧が上がってしまう
  • 夜間非降圧型:夜になっても血圧が下がらない

に別れています。

夜間高血圧の基準

夜間高血圧は、眠っている間の血圧の平均が、
「収縮期血圧(上の血圧)が120mmHg以上/拡張期血圧(下の血圧)が70mmHg以上」
になってしまっていると診断されます。

24時間血圧を測ることができる血圧計は、病院で貸し出しがされています。
また、最近では携帯式の24時間血圧が測れる市販タイプも出ているようです。

夜間高血圧の危険性

最後に、夜間高血圧だとどうなってしまうのかについて調べてみました。
日本高血圧学会によるガイドラインでは、

夜間高血圧だと、

  • 体の各部位(心臓、腎臓など)の機能が低下しやすい
  • 心血管病にかかりやすくなる

という事が判明しているそうです。

夜間高血圧は、普段自分が意識する機会がほぼないため、その進行にもなかなか気づくことが出来ません。
高血圧の人は、一度疑って睡眠時にも血圧を測ってみることをオススメします。