血圧を下げたい人に!おすすめサプリ5選

血圧を下げるというのは、メタボだけでなく、生活習慣病、高血圧に悩む人なら誰もが持つ悩みですよね。
一方で、「どうにかしなきゃ…でも時間がない…」という人も多いと思います。

高血圧は、生活習慣病と言われる病気の1種で、進行すると、命に関わる病気も発症してしまう、恐ろしいものなんです。
高血圧を改善するためには、運動やバランスのとれた食事が基本です。

しかし、これらだけでは補えない部分がたくさんあります。
そこで食事や運動に加えて、高血圧改善を助けてくれるのが、サプリメントです。
DHA・EPAとか、イワシペプチドとか、聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?
最近では、ナットウキナーゼとか、ラクトトリペプチドも人気になってきています。

サプリメントは、成分・飲み方を始め、様々な種類があります。
その分、どれが良いのかすぐに判断するのは難しいです。

この記事では、おすすめののサプリメントと同時に、サプリメントの成分や選び方についても解説していきます。

>>目次
1.血圧サプリのおすすめランキング|一位は「きなり」
2.高血圧について
3.血圧を下げる成分って何があるの?
4.サプリメントの飲み方
5.自分に合ったサプリメントを

血圧を下げたい人のための、おすすめサプリメント

まずは、実際に私が飲んでみたおすすめサプリを5つ紹介します。

豊富な配合量の割に価格が抑えられていて、お得な「きなり」


定期初回 : 1,833円 2回目以降 : 3,790円
成分 : DHA、ナットウキナーゼ、クリルオイル
錠数 : 4粒/日

「きなり」のオススメポイント

  • DHA・EPAが約500mlも配合されている
  • ナットウキナーゼやクリルオイルなど、DHA以外にも成分が豊富
  • 成分量の割に価格が低めに設定

たっぷりのDHAに加え、話題のナットウキナーゼやクリルオイルも取り入れている一挙両得なサプリです。
また、電話サポートの充実も見逃せません。

味やクセがなく、楽に飲める「計圧サポート」


単品購入 : 4,104円
成分 : イワシペプチド
錠数 : 6粒/日

「計圧サポート」のオススメポイント

  • イワシペプチド(バリルチロシンとして)のサプリ
  • 苦味もなく、味がしないため、簡単に飲める
  • 血圧が下がったデータをネットですぐ見られる

イワシペプチド(バリルチロシンとして)が入ったサプリです。
えびせんみたいな香りで、味がしないところが気に入ってます。

有名メーカーで安心!「大正DHA・EPA」


定期初回購入 : 1,000円 2回目以降 : 3,888円
成分 : DHA、EPA
錠数 : 5粒/日

「大正DHA・EPA」のオススメポイント

  • DHA・EPAの含有量がそれぞれ400mg、200mgと(特にEPAが)多く含まれている
  • 1日分が小分けの袋に入れられていて、持ち運びやすい
  • DHA・EPAを抽出した魚類はすべて国産

鷲のマークで有名な大正製薬から販売されている血圧のサプリです。
製薬会社のサプリということで、成分などへの信頼感は抜群です。

コスパを取るなら「小林製薬のEPA」


単品購入 : 1,200円
成分 : DHA、EPA
錠数 : 5粒/日

「小林製薬のEPA」のオススメポイント

  • 安くてコスパが良い
  • カプセルが甘く、飲みやすい

DHA、EPAの含有量は多くないですが、他のサプリよりも比較的に飲みやすいです。
また、含有量が少ない故に安くてコスパが良く、手を出しやすいサプリです。

お弁当のお供なら「ヘルケア」


単品購入 : 1361円(7日分)
成分 : サーデンペプチド
錠数 : 4粒/日

「ヘルケア」のオススメポイント

  • カプセルが小さく、飲みやすい
  • 1日分の個包装になっているので、持ち運びやすい
  • 7日分だけのお試しセットがある

1日分の個包装に入れられているので、外食時などでも気軽に飲めるサプリです。
ただ、その分価格は高めに設定されています。

目次へ戻る

2.高血圧について

高血圧とは?

まず、血圧というのは、心臓が血液を押し出すときに生じる圧力のことをいいます。

この力が大きくなり過ぎてしまった状態が、高血圧です。
血管が細くなたり、血液がドロドロになることによって、高血圧は起こります。

高血圧になると、血管に負担がかかるため、動脈硬化などの病気を引き起こす可能性が高くなります。
動脈硬化とは、コレステロールなどの老廃物が血管について、血管が硬くなってしまう病気です。

高血圧と、動脈硬化のどちらも発症してしまうと心筋梗塞や脳卒中といった病気になる危険性が、とても高くなります。

高血圧と診断されるのは、収縮期血圧(高いほうの血圧)140以上または拡張期血圧(低いほうの血圧)90以上の場合です。

ただし、収縮期血圧135以上または拡張期血圧85以上からは、注意が必要な領域になり、メタボ判定の基準の一部になっています。

高血圧を改善するには?

高血圧は、偏った食事、運動不足、睡眠不足などの、生活習慣の乱れが原因で引き起こされます。
高血圧を改善するためには、生活習慣の見直しから始めましょう。

しかし、上でも書いたように、生活習慣を変えるだけでは、限界があります。
サプリメントを有効的に使用しましょう。

サプリンメントのメリットは、普段の食事からなかなか取り入れられないものなどを、効率的に摂取することができます。
また、サプリメントを使用することによって、運動や食事の変化をサポートしてくれる働きもあります。

ぜひ活用して、効率的に高血圧を改善しましょう。

目次へ戻る

3.血圧を下げる「成分」が含まれているかしっかり確認しましょう

血圧を下げてくれる成分は、ペプチド類、DHA・EPA、カリウム、ナットウキナーゼ、GSAC(γ-グルタミル-S-アリルシステイン)などです。
これらの成分は、血圧を下げる効果があることを明記していいと、国に認められた成分です。

トクホ(特定保健用食品)や大手メーカーの商品もありますので、安心安全といった意味でもオススメですよ。

サプリメントを選ぶときは、これらの成分に注目してくださいね。

ペプチド類

ペプチドは、たくさんの種類があります。

イワシペプチド、かつお節オリゴペプチド、サーデンペプチド(バリルチロシンとして)、ラクトトリペプチド(VPP,IPP)などです。

ペプチドは、必須アミノ酸を多く含むものが多いので、血圧を安定させる働きがあると言われています。
体内に吸収されやすいですが、食べ物からは、取り入れにくいということが難点となっています。

そのため、サプリメントによる摂取が、おすすめとなっています。
特に、魚由来のペプチドは特保商品も多く、血圧の高い人によく飲まれているサプリメントです。

DHA・EPA

DHA(ドコサヘキサエン酸)には、血液の流れをよくする働きがあると言われています。
血液中の中性脂肪を減らしてくれると考えられ、血中のコレステロール値を調節してくれます。

EPA(エイコサペンタエン酸)は、DHAと似ています。
血小板が凝集するのを抑えたり、血液の流れをよくしてくれる働きがあると言われています。

魚からDHA・EPAをとることができます。
サプリメントなら、魚臭さや味もしないものが多いので、栄養をとることができるということから、魚嫌いな血圧の高い人によく飲まれています。

カリウム

カリウムは、牛乳、果物、野菜などに含まれている栄養です。

塩分をとり過ぎたために高血圧になった場合。
体内の余分な塩分(ナトリウム)を体の外へ排泄することによって、血圧を下げる働きがあると言われています。

ただし、カリウムは腎機能が低い人にはあまりオススメできません。
お医者さんと相談してから、サプリメントを利用してください。

ナットウキナーゼ

ナットウキナーゼは、納豆のネバネバ部分に含まれる酵素のことを言います。

血栓を溶かしてくれる働きがあるそうです。
プラセボ食品よりも効果が血流改善作用があったという研究結果もあります。

GSAC(γ-グルタミル-S-アリルシステイン)

GSACはにんにくに含まれる成分です。
主に、生ニンニクに含まれていて、新鮮なほど多く含まれているとされています。

様々な生活習慣病の予防になるとされているアリシンなどの元となる成分です。

この成分が含まれているサプリメントは、テレビCMでも有名な伝統にんにく卵黄のみです。

目次へ戻る

4.サプリメントの飲み方にも気をつけて

高血圧に関係するサプリメントも、水やお湯で飲むのが一番のようです。

また、一度に複数のサプリメントをとってしまうと、成分の持つ力を邪魔しあうことがあります。
数種類のサプリメントをとる時は、少し時間を変えて飲むと良いようです。

目次へ戻る

5.自分に合ったサプリメントを

サプリンメントは、商品によって、含まれている成分や特徴がさまざまです。
成分や効果をよく確認することが大切です。

このサイト内には、他にもさまざまなサプリメントについて紹介しています。

ぜひ参考にして、自分に合ったサプリメントを見つけてくださいね。

目次へ戻る

ページの先頭へ

サイトマップ  運営者情報