高血圧と診断されて、禁煙を勧められていても中々実行できないものですよね。
でも同時に、喫煙を続けていたら今後もっと体が辛くならないかな、と思っていませんか?

”タバコは百害あっても一利なし”と言われるくらいです。
高血圧で喫煙を続けていると、いつかは体に影響が起こることはわかっているはずなんです。
だけどその体への影響が、いつ来るのかはわからない・・・

不安を感じながら日々を暮らすより、もっと明るく開放的に暮らしたいですよね。
喫煙が高血圧にどう影響してくるのか、知ってほしくてその対策もまとめてみました。

喫煙は血圧を上昇させる?

タバコを吸うと一次的でも高血圧状態が続く

喫煙は、高血圧の原因と思われるようですが、必ずしもそうとは言い切れないようです。

しかし1服のタバコを吸うと、収縮期血圧(最高血圧)が110mgから130mmHgに上昇します。
このような10~20㎜Hgほどの血圧上昇状態が、約15分程続きます。

タバコの本数が増えれば、血圧上昇状態がもっと長くなるということです。

タバコの成分のニコチンや一酸化炭素は高血圧に影響する

タバコは、4000種類の化学物質で出来ています。
その中でもニコチン、タール、一酸化炭素は三悪と言われています。

高血圧の人がタバコを吸うと、ニコチンが血液の中に入り血管を収縮するようです。
それに、体内の一酸化炭素が増えると、全身が酸欠状態になっていきます。
そこで、心臓は少しでも新鮮な血液を送ろうと必死に働きます。

喫煙する事は、細くなった血管に多量な血液が流れるので、血圧が上昇するのです。

高血圧の人の朝タバコは特に要注意!

血圧は朝6時頃~9時頃までは、一般的に上昇する時間帯と言われています。

高血圧の人が朝タバコを吸うと、1本のたばこで30~50mmHgも血圧が上昇するというデータも出ています。

血圧の上昇は、早朝高血圧でない人の2~3倍の血圧の数値であるようです。

WHOが高血圧の人の禁煙を推奨|喫煙のやめ方

高血圧の人の喫煙は様々な病気に影響を

世界保健機構(WHO)と国際高血圧学会、日本高血圧学会などは、高血圧の治療指針を出しています。
その中で、高血圧の人の禁煙を推奨しています。

高血圧の人が喫煙することが、血圧上昇になっているだけではなく、脈拍数や動脈硬化などにも影響をを及ぼしているからのようです。
そこから波及する様々な病気は、高血圧の人が禁煙することで、かなりの効果も見込まれるようです。

禁煙する方法は自分流のやり方と禁煙外来などの利用

高血圧の人が自分流の禁煙方法で禁断症状が出た時は

自分なりの禁煙方法は、禁煙を始めた頃、禁断症状が出る場合もあるようです。

軽い禁断症状で口寂しい場合は、ガムを噛んだり、水やお茶を飲んだりして気を紛らすことです。
そして、集中力が保てない時や眠さだるさには、ストレッチや軽い運動、昼寝や深呼吸などがオススメのようです。
禁断症状の中でも、咳や痰がふえたり便秘や食欲増進になることがあります。
その場合は、うがいや水分の補給、ヨーグルトやこんにゃく料理、野菜料理を沢山食べて解決する方法もあります。


また、頭痛やめまいなどがおきた場合は、安静にして横になるのが一番のようです。


それからメンタルの面では、喪失感や虚脱感を感じたら、禁煙支援のサイトに参加したり、喫煙依存症のグループに参加してお互い励まし合うことで、乗り越えやすくなるようです。

高血圧の人の禁煙に禁煙外来やクリニックの利用

禁煙をする場合に、メンタルが落ち込んだ時や、1人で始めることに不安がある時は、禁煙外来や禁煙クリニックでカウンセリングを受ける方法もあります。
禁煙外来では、チャンピックスという新しい薬剤を使っての治療も行っているようですが、副作用の有無はさておき、効果の程は高いようです。

また、最近では薬局・薬店でニコチンガムやニコチンパッチを使って禁断症状を緩和する方法もあるようです。
「変にストイックにならずに、今日1日だけでもタバコをやめよう」と気まぐれな人が意外と禁煙に成功したりするんですよね。