高血圧になってしまった人は、もしかすると遺伝が原因かもしれません。

ご両親や親戚の方々に高血圧の人はいますか?
もしかしたら、あなたの高血圧は遺伝によるものかもしれません。

今回は、そのような高血圧と遺伝の関係についてまとめました。

遺伝で高血圧になる可能性はどれくらい?

高血圧の要因は「遺伝・体質的要因」と「外的要因」の大きく2つに分けられます。
このうち、遺伝・体質的な要因によって高血圧が引き起こされる可能性は、およそ30%とされています。

高血圧の人の約3人に1人は、遺伝・体質的な要因で高血圧になっているのです。

また、両親が2人とも高血圧の場合、子供が高血圧になる可能性は約60%だと言われています。
片方の両親が高血圧なら確率は30%、どちらの親も高血圧でないのなら5%の確率で遺伝的に高血圧になってしまいます。

高血圧の遺伝性がありそうな人でも気をつけておきたいこと

遺伝的な要因による高血圧は「一次性高血圧(本態性高血圧症)」というタイプの高血圧です。
他の病気による影響などが確認されず、具体的な原因が見つけられなかった場合、この一次性高血圧だと診断されます。
高血圧の人の9割がこれにあたります。

ここで注意して欲しいのは、確かに遺伝的に高血圧になりやすい人はいますが、「必ずしも遺伝だけで高血圧になるわけではない」という点です。
一次性高血圧は、いわゆる食生活の乱れなどの一般的な原因による高血圧も含まれています。

遺伝的に高血圧の要素に加え、普段の生活から高血圧が促進されているような場合もあります。
動脈硬化を始め、塩分のとりすぎや運動不足、飲酒喫煙、ストレスなど、高血圧の原因には様々なものがあります。

日頃から健康的に過ごすよう心がけるに越したことはありませんね。

血圧を下げるには(戻る)