高血圧を改善するために、ふくらはぎが大きなカギを握っていることをご存知ですか?

最近話題となっているため、なんとなく知っているのではないでしょうか。
では、なぜふくらはぎが、高血圧の改善に関係しているのでしょうか

この記事では、そのメカニズムと、具体的なアプローチの方法を紹介します。
ぜひ参考にして下さいね。

高血圧とは

初めに、高血圧とはどのようなものなのでしょうか。

高血圧とは、血管にかかる圧力が、高くなってしまっている状態のことをいいます。
この状態が続くと、血管が負担に耐え切れなくなって、ボロボロになってしまったり、全身の血の巡りが悪くなってしまうなどの問題が生じます。

高血圧から引き起こされる病気には、脳梗塞、心筋梗塞など、命のにかかわる様な病気ばかりです。

高血圧になる原因としては、生活習慣の乱れがほとんどとなっています。
塩分のとりすぎ、運動不足、喫煙、飲酒などが挙げられます。

早めから対策をとることによって、症状を改善することが可能となります。
高血圧と診断されたら、すぐに取り掛かりましょう。

ふくらはぎが高血圧を改善する?

それでは、ふくらはぎが、どのように高血圧に関係があるのかを紹介します。

血液は、心臓の収縮によって、全身に送り出されています。
下半身は、心臓の下に位置するため、重力に逆らって、血液を上に送らないといけません。

そこで活躍しているのが、ふくらはぎです。
ふくらはぎは、第二の心臓と呼ばれ、筋肉の収縮によって、強力なポンプの役割を果たしているのです。

ふくらはぎの機能を高めるために

ふくらはぎの血流を良くすることによって、血圧を下げることができるのです。

マッサージ

ふくらはぎのマッサージは、足先から心臓に向かって、もみほぐしましょう
少し痛いけど、気持ちがいいくらいの強さが、ちょうどよいそうです。

ふくらはぎが硬く、張っている人は、軽くさすったり、軽くたたくなどもおすすめです。

やる時間帯的には、血管が開いている、入浴後が一番良いでしょう。

日々の習慣の中で

ふくらはぎの血流を良くする方法は、日常の中でも取り入れることができます。

中でもおすすめなのが、階段の昇り降りです。
ふくらはぎの筋肉を良く使うため、ポンプの強化にもつながります。

他には、デスクに座りながら、足首を曲げ伸ばし、足の指の曲げ伸ばしなども効果的です。

日々のちょっとした運動で、血圧を下げることができるんですね。

日常的にふくらはぎのケアを

高血圧は、放っておくと、命に関わる大きな病気に発展してしまいます。
早めの対策が必要となります。

食事面では、なかなか変えづらい部分も、あると思います。
それに比べて、ふくらはぎのケアは、取り組みやすい所が利点ではないでしょうか。

日常の空き時間に少し、ふくらはぎのケアや運動を取り入れてみて下さい。

あなたの血圧を下げる、第一歩になるかもしれません。
ぜひ試してみて下さいね。