皆でお酒を飲む席で、高血圧の人に対して、アルコールを飲むのをとめているを見たことはありませんか?

でも、アルコール好きな人がお酒を我慢するのって辛いことですよね。

実際、高血圧とアルコールにはどんな関係があるのでしょうか。
高血圧にアルコールがどんな影響を及ぼすのか調べてみました。
参考にしてみて下さい。

アルコールを飲み続けると高血圧になる?

アルコールが血圧に及ぼす影響は単純ではない

アルコールが、血圧に及ぼす影響は単純ではないようです。

アルコールを飲んだ時は、血管が収縮されて血圧が上がったり、血管が拡張されて血圧が下がったりもします。

1日にアルコールを飲む量や飲む人の体質も影響しますが、飲んできた期間や今まで飲んできた量も重要なようです。

長い間アルコールを多量に飲んできた人の体への影響

長い間アルコールを多量に飲んできた人は、血管の収縮反応が早まり高血圧になるケースがあるようです。

例えば、長年日本酒を1日3合以上飲んできたというようなアルコールの摂り方は、あまり良くないようです。
心臓の交感神経の活動に影響を及ぼしたり、腎臓からマグネシウムやカルシウムを失うことにもなりかねません。
また深酒からの高血圧は、脳卒中やくも膜下出血になることもあるようです。

またアルコールを頻繁に飲むことで、おつまみの塩辛など、味の濃い食べ物もより多くとってしまうということも、高血圧と関係ないとは言えないようですね。

古来から言われる「百薬の長」は眉唾ではない

アルコールの摂取は、血圧に一概に悪いとは言えません。

多量の飲酒はよくありませんが、少量の飲酒が、脳梗塞の予防になるとのこと。
また、心臓や頸部などの血管の動脈硬化の程度は、アルコールを飲まない人より飲む人の方が軽いんです。
なぜなら、HDLコレステロールが増えることで、血液が血管の中で詰まりにくくなるからです。

特に赤ワインの飲酒は、ポリフェノールという成分が細胞の酸化を防ぎ、動脈硬化の抑制にもなっています。
適量のアルコールは、高血圧にはあまり関係ないようです。

「酒は百薬の長」という言葉は、決して眉唾ではないようです。

高血圧にならないアルコールの正しい飲み方

WHOなどで1日30ml以下のアルコール摂取量を推奨

世界保健機構(WHO)、国際高血圧学会、日本高血圧学会などは高血圧の治療指針を出しています。

それは1日30mlのアルコールを飲むと、血圧が3mmHg上昇することから、

成人男性は、1日30ml以下のアルコール摂取を勧めているようです。
女性は1日のアルコール摂取量は10ml~20ml以下に抑えれば血圧には影響がないようです。

血圧に影響を及ぼさない健康的な飲酒方法

上に書いたアルコール摂取量を守る為には、どんな飲み方をしたら良いか調べてみました。

例えば成人男性の場合は
日本酒・・・1合
ビール大瓶・・・1本
ワイン・・・2杯
酎ハイ(5%)・・・500ml
酎ハイ(1%)・・・500mlX5本
になります。

女性の場合は、大体その半分位が目安です。

女性の場合は5%のビールや酎ハイで350mlが適量の範囲内のようです。

降圧剤を服用している人は、グレープフルーツ酎ハイは専門医に相談してから

気をつけてほしいのは、降圧剤を服用している人のアルコールの摂り方です。
なぜなら、「降圧剤を飲んでいる場合は、グレープフルーツ酎ハイは飲まないように・・・」と指摘している医師もいるからなんです。

降圧剤の中にカルシウム拮抗薬という成分が入っているものがあります。
カルシウム拮抗薬は、違う名前で入っていることも多く、その成分がグレープフルーツと組み合わさる事で必要以上に薬の効果がでてしまうらしいのです。

グレープフルーツ以外に組み合わせの良くない柑橘系もあるようです。
降圧剤を飲んでいる人は専門医に相談の上、飲むアルコールを選択する必要があるようです。